PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

当院の多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸治療をご紹介します

2018年9月29日11:56 AM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊症,不妊鍼灸
【気付かない内にPCOSになっていることも】   PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は、卵胞の成長が上手くいかないため、排卵障害や生理不順が起こる状態を言います。 PCOSには、起こりやすい方とそうでない方がいらっしゃいます。PCOSになりやすい方は、遺伝的に耐糖能異常(たいとうのういじょう)をお持ちの方です。 耐糖能異常は、簡単に言うと、インスリンの働きが悪く、血糖値の
▼続きを読む

鍼灸治療でなぜ妊娠しやすいからだになるのでしょうか?

【病院では妊娠できない理由とは】   当院が開院する大阪市内では、体外受精や顕微授精を行う高度生殖医療専門病院が、非常にたくさん存在します。数十万円から、時には100万円を超えるような治療費を使って、様々な検査を行い、沢山の注射や飲み薬を服用しても、全ての人が妊娠できるわけではありません。 日本国内で不妊治療により妊娠・出産する人の数は、年々増えていますが、その一方で全く妊
▼続きを読む

鍼灸院 天空の不妊鍼灸で不妊治療の疑問を解消しませんか?

2018年9月22日9:43 AM カテゴリー:セミナー,不妊症
【不妊鍼灸はあなたに必要な施術でしょうか】   私たちが開院する大阪には、不妊治療の専門病院が数多くあります。恐らく世界的にも珍しいほどの、乱立地域といっても良いと思います。 その大阪で、私たちのような一鍼灸院が求められる理由とは何でしょうか? 「病院には行ったけれど、説明も満足にしてもらえない。」 「病院では妊娠できない理由を教えてくれなかった。」 「何年も病院
▼続きを読む

婦人科系疾患と東洋医学的な考え方

【婦人科と臓腑】 臓腑とは、東洋医学的な内臓観のことで、日本では、古来から五臓六腑という言い方を使っています。 東洋医学の臓腑観は、西洋医学の内科学とは少し違います。東洋医学の五臓には、西洋医学にはない概念がたくさん含まれています。 例えば、五臓には、表裏関係という、関係性の深い六腑が組み合わされています。心には小腸が、脾には胃が、肺には大腸が、腎には膀胱が、肝には胆が組み合
▼続きを読む

パルス通電鍼と通電しない鍼での効果は違うのか【女性ホルモンの分泌】

2018年9月13日4:29 PM カテゴリー:不妊症,更年期障害,生理不順,生理痛
【更年期障害に対する鍼灸治療の研究より】   今回は、中国で行われた、更年期障害に対する鍼灸治療を、パルス通電と通電しない方法で比較した論文をご紹介します。 更年期障害に対する治療効果は、幾つかの指標を持って知ることができます。今回の論文では、主に女性ホルモンの分泌に関するホルモン分泌と、自覚症状の指標である更年期評価尺度(MENSOL)および更年期特有のQOL(quali
▼続きを読む

鍼灸治療を受けることで胚移植の成功率が上がる理由

2018年9月11日7:30 PM カテゴリー:不妊症
【ラットによる実験での検証】   中国で行われた、胚移植不全ラットを使用した、胚移植の実験結果をご紹介します。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24802234 この実験では、ラットを無作為に4群に分けました。 1.何もしない正常群 2.ミフェプリストン注入のみ群 3.ミフェプリストン注入+鍼灸治療群 4.ミフェ
▼続きを読む

原発性月経困難症(いわゆる生理痛)への鍼灸治療

2018年9月7日7:29 PM カテゴリー:生理痛
【原発性月経困難症とは】   原発性月経困難症とは、機能性月経困難症とも言われるもので、明確な原因がないにも関わらず、生理痛が激しいものをいいます。 これに比べて器質性月経困難症とは、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの、はっきりした原因がある生理痛をいいます。こちらは続発性とも言われます。 原発性月経困難症は、原因が特に見当たらない生理痛ですが、人によっては特徴的
▼続きを読む

最後の採卵前にやっておくべきこと【後悔しない妊活】

2018年9月1日9:54 AM カテゴリー:不妊症
最後の不妊治療で後悔しないために   不妊治療は、期間制限のある治療です。そのため、妊娠という目的を果たすことができなくても、いつかは最後の治療が訪れ、結果が出なければ、妊娠を諦めるしかありません。 その中でも、体外受精や顕微授精という、不妊治療の中では最後の砦となっている治療を受ける人にとっては、回数を重ねるたびに、現実の厳しさを感じるに違いありません。 でも諦める
▼続きを読む

慢性子宮内膜炎を抱える不育症女性に対する流産予防のための鍼灸治療

2018年8月27日9:58 AM カテゴリー:不妊症
慢性子宮内膜炎と不育症克服のための鍼灸治療   【妊娠後に慢性子宮内膜炎が判明】   この女性は、2度目の初期流産を経験した後、不育症の検査をするために、大阪市内の不妊専門クリニックを受診されました。 ところが、不育症と着床障害の検査結果が出る前に、3人目の妊娠が判明しました。その後、クリニックでの検査結果が告げられ、慢性子宮内膜炎に罹っていることが分かったの
▼続きを読む

子宮内フローラ(乳酸菌)が体外受精を妊娠に導く?

2018年8月24日9:54 AM カテゴリー:不妊症
子宮内フローラを整えて妊活を成功させる   【膣内の酸性環境と殺菌作用】   女性の膣の中には、乳酸菌を中心とする細菌叢があることが知られていました。細菌叢とは、フローラとも言われ、大腸内の腸内フローラが有名です。 大腸内では、特定の細菌が住み着くことで、腸内環境を整え、便通や免疫などに影響を与えていると言われています。 こうした細菌叢が膣内にもあり、乳
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。