PAGE TOP

私たちが考える不妊鍼灸とは

2018年8月8日3:44 PM カテゴリー:不妊症
【天空の不妊鍼灸とは】   当院が行う不妊鍼灸は、トータルで妊娠しやすいからだを作り、無事出産ができるからだ作りを目指します。 妊娠率だけ高ければ良いのではありません。できるだけ安全に、快適に妊婦時代を過ごして頂き、お子さまとの対話ができるからだ作りこそが、私たちが目指す妊活です。 元気な状態で妊娠して妊婦になると、ギリギリの状態で妊娠するのとは全く違った、毎日が楽し
▼続きを読む

昨日の鍼灸院日記

2018年8月7日8:12 AM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),タイミング法,症例
昨日、1年以上通院して頂いていた患者さまが、無事に最後の施術を終えました。 当院では、体調に問題が無ければ、妊娠12~13週で一旦施術を完了します。これは、胎盤がある程度完成して、初期流産の可能性が低くなるタイミングです。 12週まで無事に終えた方は、約9割が無事にご出産されます。そのため、12~13週の時点で健康状態に問題が無ければ、施術を完了としています。 【最後の施
▼続きを読む

多嚢胞性卵巣症候群は体質プラスαを改善すべき

2018年8月6日1:46 PM カテゴリー:不妊症
【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊】   今回は、当院の不妊原因の中でも特に多い、PCOSについて書いていきたいと思います。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、体質や人種の差が大きく関係する、排卵障害の一種です。海外でも、PCOSのせいで妊娠できない人は非常に多く、投薬や手術療法、体外受精など、多くの不妊治療が試されています。 体質さや人種差が大きいため、全ての海
▼続きを読む

不妊鍼灸の効果発現の仕組み 【ホルモン受容器の感受性】

2018年8月2日5:14 PM カテゴリー:不妊症
【はじめに】 不妊鍼灸の効果発現は複雑で、ある一つの仕組みや働きで起こるわけではありません。効果の発現には、幾つものパターンがあり、それを使い分けることが、術者にとっては腕の見せ所となります。 私たち鍼灸師は、こうした仕組みがどこで乱れているのかを知り、それに対して施術を加えることで、本来の働きを取り戻すように施術します。 不妊鍼灸では、自律神経やホルモン代謝などを鍼刺激で適正化し、
▼続きを読む

鍼灸治療はあなたの力を高める治療法です

2018年7月30日2:16 PM カテゴリー:お話,ストレスと不妊,不妊鍼灸,男性不妊
排卵誘発の方法や、体外受精や顕微授精の方法を変化させても、今のところは卵の質や子宮内膜の質、体調や精神的な状態を、病院の不妊治療で変えることはできません。 鍼灸治療では、こうした不妊治療では変えることができない部分を対象に、その人の力を利用して変化させ妊娠しやすい状態を作っています。 不妊鍼灸は、あなたの力が頼りなのです。 【卵の質を変える鍼灸治療】 卵の質とは、具
▼続きを読む

2人目不妊の原因を知っていますか?

9:52 AM カテゴリー:2人目不妊,不妊症
こんにちは。今回は2人目不妊について書いていきたいと思います。2人目不妊の原因は大きく3つです。   1.1人目妊娠・出産後にからだが大きく変化した。 2.1人目の妊娠が奇跡的な確率で成功した。 3.2人目ができないプレッシャー   この2つをしっかり理解すれば、2人目不妊は解消出来るはずです。   【妊娠や出産でからだが変
▼続きを読む

不妊鍼灸はなぜ効くのでしょうか?

2018年7月28日9:39 AM カテゴリー:お勉強,お話,不妊鍼灸
不妊鍼灸はなぜ効くのか? 「不妊鍼灸はなぜ効くのか?」この質問に明確に答えることができる方は、今のところいません。 自分勝手な理屈を語る人は沢山いますが、それがエビデンスということになると、未だ実証されていないのが現状です。 ただエビデンスが完璧である医学の方が少なく、実証されたものを後で検証するというのは、西洋医学も同様ですから、今後研究者が解き明かしてくれることを期待します。
▼続きを読む

妊娠悪阻(つわり)の鍼灸治療

2018年7月22日7:45 AM カテゴリー:妊娠中の体調管理
妊娠中のつわりは、多くの妊婦さんに出る症状です。軽い吐き気程度から、全く食事が摂れなくなる人まで、かなり個人差が大きいのも特徴です。 様々な原因を挙げる人がいますが、決定的な原因は分かっていません。ただ、つわりが出やすい傾向はあるようで、次のような方は出やすい傾向があります。   ・妊娠や出産に対する恐怖感が強い人。 ・元々車酔いをしやすい人。 ・めまいや立
▼続きを読む

子宮内環境の変化と鍼灸治療

2018年7月17日3:05 PM カテゴリー:お勉強,不妊鍼灸,体外受精・顕微授精,子宮内膜
当院で行う鍼灸治療は、伝統的な東洋医学的治療を元にして行いますが、できるだけ最新のエビデンスも取り入れて、一般の方にも分かりやすく、他の医療関係者が見ても納得のいく内容にしたいと思っています。 ここ最近の生殖医療に関するトピックを見ていると、排卵後の子宮内環境に関するものが多く見られます。 今までは、妊娠初期の流産や着床障害は、卵の質が原因だと思われていたのが、実際には、子宮内膜の環境が問題で
▼続きを読む

不妊鍼灸における遠隔治療と局所治療の違い

1:24 PM カテゴリー:不妊症
  不妊鍼灸だけではなく、東洋医学的な鍼灸治療には、遠隔治療と局所治療があります。これを東洋医学では、本治法と標治法と言います。 本治法は、手足の末梢近くにあるツボを刺激して、脳を仲介して五臓を整える方法です。そのため、手首や足首の周囲のツボを刺激するだけで、内臓を動かしたり、ホルモン分泌を調整したりできます。 標治法は、標的とする内臓などを直接的に刺激する方法です。不
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。