PAGE TOP

不調を改善するだけでなく、豊かになってほしい。

症状を取り除いたから「完治」ではない


鍼灸だけでなく、医療は、まず、病気を治すことが主な目的です。病気になりますと、それを完治させたいという気持ちが強く出てきます。この「完治」の解釈が、近年、変化してきました。治る病気もあれば、治らない病気もあります。風邪は治りますが、糖尿病は治りません。

糖尿病になりますと、それとどう付き合っていくかが、問題になります。症状を取り除くことも大切ですが、日常生活の質を高めるのも大切です。この生活の質(Q.O.L)に焦点を当てる考えが、「完治」という概念にも入ってきています。

病気の原因を取り除き、症状もなくなった場合と、症状は残っている場合を比較します。その際に、生活の質がより高くなる方法を選択するという考え方です。病気そのものより、その人の生き方や考え方などの背景に焦点を当てています。


病気と上手に付き合っていきませんか。

近年、糖尿病、アレルギーの病気、リウマチ、認知症、うつ病など、簡単に治らない病気が増えてきたことにあります。日常生活を不自由なく行え、明るく、楽しく、生きていき、病気と上手に付き合いましょうという考えです。

当院では、この考え方をさらに広げています。治る病気の場合でも、治すだけでなく、元気に、前向きに生きていけるようになる、お手伝いをすることを、コンセプトにしています。

なかなか治り難い病気は、少しでも症状を取り除き、生きがいを感じ、前向きに生きていけるようになることを、目指しています。これは、鍼灸治療が持つ、特徴を最大限、引き出そうという考えに基づいています。

鍼治療で、病気が治る理由の一つに、脳の中の快楽中枢に鍼が作用するという説があります。鍼をすることで、やる気モード、前向きモードになり、病気が治っていくということです。人にある自然治癒力は、組み合わせ次第で、さまざまなパターンがあります。鍼治療には、この自然治癒力の中で、一番、効率の良い方法を選択し、その力を最大限に引き出す作用があります。


からだに負担をかけない最善の治癒力を引き出すわけです。そして、その際に、前向き、やる気モードになるホルモンが放出されます。病気が治るだけでなく、生きがいを感じることができるようになります。


鍼灸治療を通して、患者様と笑って一緒に喜びたい。

病気は治ったけれど、その治療中に周りに迷惑をかけたと、自己否定的な考えを持つ方は、よくあります。

病気は治ったが、何となく、気分がふさぐという方もみかけます。これでは意味がないと、当院は考えます。病気が治ったのだから、もっと、元気に、前向きに、生きて頂きたいと願っています。

また、病気と上手に付き合いながら、人生を楽しんでいただきたいとも、考えています。当院では、患者さまと一緒になって、病気を改善し、その結果、社会的、経済的、心理的にも豊かになってもらい、一緒に喜びたいと願いながら、鍼灸治療をしております。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
妊活鍼灸
2018/11/20
3年間全く妊娠しなかったのに、通院8回で妊娠しました。
2018/08/07
昨日の鍼灸院日記
2018/03/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/03/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2017/10/30
胚盤胞移植前に行った不妊鍼灸の症例
2017/10/18
不妊原因がない女性への投薬は、不妊を作りあげることになります
2017/10/07
不妊治療で不妊になることも
2018/08/29
チョコレート嚢胞を抱える女性の体外・顕微受精と鍼灸
2018/07/04
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/06/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
>>もっと記事を読む
当院アクセスマップ
トップページへ戻る
※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。