PAGE TOP

先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

治療費用
当院では原則として、一人の鍼灸師が責任もって、最後まであなたの鍼灸治療を担当させて頂きますので、毎回、鍼灸師が変わるようなことはありません。

また、ご希望があれば、予約時に、担当する鍼灸師を指名して頂くことも可能です。

院長の鍼灸治療費について

院長が鍼灸治療を担当する場合は、初回時、2回目以降にかかわらず、通常の鍼灸治療費に4,000円加算させて頂きます。

その理由は、以下の通りです。
当院には、うつ病、重度の自律神経失調症、線維筋痛症などの長引く全身の痛みなど、重症で複雑な症状の患者さまが多く来院されています。

そういった複雑な症状に責任をもって鍼灸治療に当たるには、
●相当の経験と知識、技術
●通常の鍼灸治療より集中し、あなたの体の状態の変化を見極めながら、鍼灸治療をする必要がある
●通常の鍼灸治療よりも、古代から伝わる複雑な鍼の操作により、からだの機能を上げる必要がある
この3点が必要ですので、院長が鍼灸治療を担当し、施術費を加算させて頂き、責任をもって鍼灸治療に当たります。

―院長が鍼灸治療を担当する場合の例―
1.あなたから指名があった場合
2.うつ病
3.日常生活や仕事に支障をきたすような重症の自律神経失調症
4.線維筋痛症などの長引く全身の痛み
5.アトピー性皮膚炎など重症のアレルギーの病気
6.リウマチなどの膠原病
7.不眠症
8.その他、西洋医学で症状が改善しない病気など

電話・メールでのご予約の際に、担当者があなたの症状やご要望を確認し、院長を含め、どの鍼灸師が担当するかをお伝えします。

院長の鍼灸治療費をほかの鍼灸師と区別することにより、あなたに合った鍼灸師が鍼灸治療をおこない、より良い結果が出るように目指していきます。
※あなたを担当している鍼灸師が、院長に鍼灸治療を依頼した場合は、この限りではありません。
院長の鍼灸治療費に関して、ご不明な点がございましたら、メール、またはお電話にて遠慮なくお問い合わせください。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
妊活鍼灸
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2017/01/02
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2015/11/04
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2016/04/06
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/08/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
2015/01/11
【慢性広範囲疼痛症候群】大阪市在住、20代男性、鍼灸治療のケース
2014/11/19
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2014/02/07
【花粉症】兵庫県在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2013/11/13
【生理不順】大阪市在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2013/11/04
【線維筋痛症】大阪市在住、60代女性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
当院アクセスマップ
トップページへ戻る
※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。