PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

IBS(過敏性腸症候群)は突然に…

2018年10月25日2:22 PM カテゴリー:過敏性腸症候群
【IBS(過敏性腸症候群)は心の病気ではありません】   IBS(過敏性腸症候群)の方は、繰り返し痛みや不快感を感じている内に、痛みを伝える感覚神経がどんどん敏感になり、脳に痛み刺激を強く伝えるようになります。 痛みに反応した脳でも、痛み刺激に対してより敏感になり、脳から腸に伝わる指令(自律神経やホルモンを使った)も、強く出されることになります。 こうした悪循環を繰り
▼続きを読む

静かな所でお腹の音が鳴らないかすごく不安になる…もしかすると過敏性腸症候群かも。IBSに対する鍼灸

2018年10月4日6:39 PM カテゴリー:自律神経失調症,過敏性腸症候群
  授業中や、会議中などの静かな所で、グゥーっとお腹の音がなると、とても恥ずかしい思いをしますよね。 お腹の音が鳴ってはいけないようなシリアスな場面でお腹が鳴ると、恥ずかしさから顔が赤くなったり、穴があれば入りたい!と気持ちになってしまいます。 若い女性が思春期などの多感な時期に、このようなことが繰り返し起こると、一種のトラウマとなってしまうこともあります。
▼続きを読む

【過敏性腸症候群】大阪府在住、30代女性、鍼灸治療のケース

2013年10月10日11:04 AM カテゴリー:症例,過敏性腸症候群
過敏性腸症候群へ21回の鍼灸治療「トイレを気にする生活がなくなりました!」 便秘と下痢を繰り返し、特に緊張するとすぐ下痢になってしまう。そんな日常生活に支障が出てしまう症状が過敏性腸症候群です。 今回は30代の働き盛りの女性に対して襲った過敏性腸症候群の症例と、回復までを綴ります。 ・今までの経過 仕事が忙しく、帰宅時間が遅い日が続いた だんだんと、寝入りが悪くなり、寝つきも
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。