PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

10月4日の治療院日記 PCOMの症例

2018年10月5日3:07 PM カテゴリー:AMH,PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),不妊症,不妊鍼灸
PCOSではなくPCOMの患者さま   昨日、初めてご来院頂いた患者さまは、非常に勉強熱心な患者さまでした。 患者さまにお持ち頂いた検査結果を見せて頂きながら、血液検査や、色々な検査のことを問診で伺いながら、今までの妊活について伺いました。 すると、非常に良く自分の状態を把握していることが分かりました。まずご自身のAMHの状態をよく理解していらっしゃいました。
▼続きを読む

AMHの高い・低いだけでは妊娠のしやすさは分からない

AMH(抗ミューラー管ホルモン)は、成長しかけの卵胞から分泌されるホルモンのことです。 AMHが低い人は育ちかけの卵胞が少ないため、卵巣年齢が高いと思われがちですが、AMHは様々な要因で変動する数値です。 AMHが高い人は、妊娠しやすいと思われている方もいますが、それも少し違います。勿論、AMHが高いからと言って妊娠しやすいわけでもありません。 AMHの値で一喜一憂している方は、少し冷静にな
▼続きを読む

仲のいい夫婦ほどご夫婦で妊活するべき理由

ビタミンD不足は、男女ともに不妊の原因となると言われています。このビタミンD不足は、ご夫婦で似た傾向になることという報告がされています。 考えてみれば、同じものを食べ、同じような生活リズムで暮らしているのですから、同じものが足りなくなっても不思議はありません。 栄養の摂取や生活習慣が不妊傾向に関係するとしたら、ご夫婦で妊活する意味が更に深まることになります。 【不妊の夫婦は2人ともビタミンD
▼続きを読む

栄養と鍼灸治療で3か月後の若返りを目指しませんか?

2018年5月10日10:28 AM カテゴリー:AMH,不妊鍼灸,卵の質,女性ホルモン,妊活全般,自然妊娠
不妊専門病院に通い出すと、タイミング法で3~4カ月、人口受精で6カ月様子をみて、それでも妊娠に至らないと、体外受精を勧められます。 統計上のデータでは、このタイミングのステップアップが最も効果が出やすいようで、「これがあなたにとって一番いいのだ!」と言われているようで、ステップアップを断るには勇気が必要です。 ところがこのお話には一つの例外があります。それはあなたのからだが日々年老いていく、或
▼続きを読む

不妊治療を始めるためには、今の季節が最適と言われている理由について

こんにちは『鍼灸院 天空』の冨田です。 温かい日が続いていますが、妊活中のみなさま体調はいかがでしょうか? 突然ですが、春はできるだけ戸外で出て陽の光を浴びましょう。 これからは、妊活にとって最適の季節です。3月頃から日照時間が長くなり、紫外線量も増えてきます。 紫外線量が増えると、体内でビタミンDを作る働きが活性化しますので、卵胞の成長や内膜の感受性が高まります。 GWは妊活にとっても
▼続きを読む
1 / 212

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。