PAGE TOP

栄養と鍼灸治療で3か月後の若返りを目指しませんか?

2018年5月10日10:28 AM カテゴリー:AMH,不妊鍼灸,卵の質,女性ホルモン,妊活全般,自然妊娠

不妊専門病院に通い出すと、タイミング法で3~4カ月、人口受精で6カ月様子をみて、それでも妊娠に至らないと、体外受精を勧められます。

統計上のデータでは、このタイミングのステップアップが最も効果が出やすいようで、「これがあなたにとって一番いいのだ!」と言われているようで、ステップアップを断るには勇気が必要です。

ところがこのお話には一つの例外があります。それはあなたのからだが日々年老いていく、或いはあなたのからだが変化しないという前提のお話です。

ではあなた自身のおからだが、どんどん元気になればとうでしょうか?自ずと結果は変わってくると思いませんか?



【あなたのからだは悪くなる一方でしょうか?】

私たち鍼灸師は、ある意味時間の流れに逆らった結果を出す施術をしています。つまり、あなたが日々感じている年齢の問題を、鍼灸治療でクリアしようとしているのです。

あなたの体調がすぐれない原因や、なかなか不妊治療で結果が出ない原因は、日々の生活や積み重ねてきたお仕事、プライベートでの過ごし方などが影響しているのだと考えられます。

・仕事
・プライベート
・ストレス
・食事
・体質
・不妊治療

こうした多くのものが原因となって、あなたの妊娠を邪魔しているのです。

私たちは、こうした一つ一つの原因に対して対策を練り、鍼灸治療を施すことで、今までの日常とは違う、体調が日々良くなるような毎日を提供します。

すると、1カ月後よりも2か月後、2か月後よりも3か月後の方が、あなたのからだは妊娠しやすくなるのです。

時間が経つのが怖いと考えているあなたは、日々条件が悪くなると考えているのではありませんか?

その勘違いを訂正して、あなたが日々妊活を楽しめるようになれば、病院での不妊治療の結果も大きく変化します。


【一つの目安は3カ月です】

不妊鍼灸や栄養療法を始めると、少しずつからだの中が変化します。あなたの細胞の一つ一つは、あなたが日々摂っている栄養から作られます。毎日同じからだのようで、実はあなたのからだは変化しています。

今までは、日々年齢と共に衰えていたからだも、適切な栄養の摂取と、それを必要な細胞まで届ける鍼灸治療で、新しく元気な細胞に作り変えていきます。

こうした変化が出てくるためには、約3カ月の時間が必要です。また卵胞の急激な成長も、約3カ月かけて起こるため、3カ月間しっかりと鍼灸治療と栄養指導を受ければ、卵胞の成長や卵の質が改善されます。(AMHも上がります)

さらに卵巣から分泌されるホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)がしっかり分泌されるため、妊娠しやすく流産しにくい状態を作ることができます。

私たちはこうした変化を見逃さないために、担当制で施術をさせて頂いていおります。安心して心を許せる鍼灸師を選んで頂き、妊活のパートナーにして下さい。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。