PAGE TOP

妊活に効果的な栄養の摂取と鍼灸治療の関係

2018年6月7日8:41 AM カテゴリー:お勉強,不妊鍼灸,卵の質,妊活全般,子宮内膜,自然妊娠

栄養の摂取は、妊活にとって非常に効果的なのですが、その一方で、体調の改善に時間が掛かるということも知っておくべきです。

葉酸をサプリメントで摂る場合も、妊娠後に慌てて摂っても、本当に必要な時期に間に合いません。

こうした栄養の摂取と鍼灸治療の関係について学んでみましょう。


【栄養摂取の目安は3か月】

栄養の摂取を妊活に役立てるには、約3か月の余裕が必要です。

消化吸収された栄養が、実際に目的とした細胞や組織に行き届き、新しい細胞の材料となり、古い細胞と入れ替わるります。

それがある程度からだに影響を与えるには、やはり3か月程度は必要です。

私たちはこうした体内の変化を、血液検査でチエックしていますが、3か月程度で、しっかり数値が変化してきます。


卵の質の変化にも、同程度の時間が掛かりますので、妊活は3カ月が一つの目安になるかもしれません。

【栄養の働きはからだ任せ】

あなたが必要な栄養素を、食事やサプリメントで摂取しても、その栄養素がどの細胞に使われるかはからだ次第です。

例えば、肌が荒れてきたことが気になって、ビタミンCや亜鉛、たんぱく質を、食事やサプリメントで摂取したとします。

ところが、たまたまその時、あなたは風邪の治りかけの状態でした。

すると、あなたのからだは、風邪のウイルスで傷付いたのどや鼻の粘膜を補修するために、多くの栄養素を細胞に送り込み、肌荒れの為に摂った栄養素は、優先順位の高い、のどや鼻の粘膜の補修のために使われてしまいます。

こうした優先順位は、一部の例外を除いて、あなたのからだの状態と、体質で決定されます。

「せっかく妊活のために摂取した栄養が、他の部位に使われるなんて。」とガッカリしないで下さい。

栄養を目的の妊活に使われるようにする方法が、2つあります。

【栄養を目的の子宮や卵巣に送り込むには】

栄養を目的の卵巣や子宮に送り込む2つの方法とは、次の2つです。

1.栄養を全身に行き渡っても良いように十分量摂る。
2.鍼灸治療で卵巣や子宮の血流を選択的に増やす。

1の栄養を必要十分量摂るというのは、最も効果的なやり方です。ただしこの方法では、あなたの必要十分量が分からなければいけません。

あなたにとって必要な栄養の量がどれほどなのか、それは何で見分ければ良いのでしょうか?

私たちは、栄養の必要量を、血液検査を見せて頂くことで予想します。あなたの血液に、どの程度の栄養素が含まれているのか、内臓器でどのような変化をいているのかを見せて頂きます。

病気の診断とは違い、あなたの血液がどの程度満たされているのかと、内臓器がどの程度働いているのかを診るのです。

その上で、あなたのかただに必要であると予想した栄養素について、栄養指導を行います。

ただ血液には十分な栄養素が入っていても、目的とした卵巣や子宮の血流が極端に悪ければ、その効果は薄まります。

2の鍼灸治療は、2つのルートで子宮や卵巣の血流を促します。1つは、骨盤から子宮や卵巣に向かう、交感神経の働きをブロックすることです。

鍼灸治療では、骨盤周囲に鍼を刺すことで、脊髄レベルで交感神経の働きをブロックし、副交感神経優位の状態を作ります。

副交感神経が優位になると、血管は拡張し、卵巣や子宮への血流量は増加します。

もう1つのルートは、手足の末梢にあるツボを刺激して、脳を通して指令を出すことで、目的の臓器の血流を増やすルートです。

こちらのルートでは、脳を介して血流量を増やすため、いわゆる遠隔治療になります。

遠隔治療では、脳の特定の部位に働きかけるため、子宮や卵巣の血流を増やすだけではなく、ホルモン分泌などに影響を与えることもできます。

脳を介するルートの場合には、強い刺激よりも正しい取穴の方が大切になります。

どこに鍼をさせば目的の部位に影響を与えるかを知ることで、特定の部位を選択的に働かせることができます。

またこうしたツボは人によっても多少違うため、局所的な骨盤周囲の鍼刺激に比べると、経験や技術がモノをいうことになります。

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。