PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

【肩こり】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース

2013年6月4日4:32 PM カテゴリー:症例,肩こり
大阪府の患者様:「10代の頃から肩こりで悩まされていました。」 パソコンやスマートフォンの普及などで若い世代から幅広く肩こりに悩まされている方は多いです。 今回は10代の頃から肩こりを感じていたという女性のケース。 鍼灸でどう治療して、改善していけたのかを綴ります。 今までの経過 10代のころから肩こりを感じていて、最近、特にひどくなり、からだ全体が重い感じ。 また首から頭
▼続きを読む

首と肩で先にこるのはどっち?肩こりの原理を知ろう!

2013年4月15日4:48 PM カテゴリー:肩こり
ヒトは、二足歩行を始めたことにより、背骨だけでなく、肩も大きく進化しました。 すなわち、直立と同時に、腕をぶら下げる、姿勢へと進化しました。腕も意外と重たいもので両腕で、体重の約13%ほどあります。 これを常時、立っていても座っていても、両肩から下げておく必要があります。 このため、肩には、僧帽筋(僧帽筋)、三角筋などの強靭な筋肉が付いています。 また、腕が自由になったおかげで、肩の関節は
▼続きを読む

欧米人は肩がこらないは都市伝説?

2013年4月13日8:14 AM カテゴリー:肩こり
肩こりは、欧米人にはなく、日本人特有のものと、よく言われています。 実際のところは、洋の東西を問わず、肩こりはあります。 確かに、肩こりに相当する英語はありません。 ただ、「肩」という場所の、認識に違いがあります。 日本人の言う「肩」は、西洋では、首あるいは胸郭に含められています。 すなわち、西洋人は、「肩こり」を「首のコリ」(stiff neck)と呼んでいます。 また、日本
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。