PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

静かな所でお腹の音が鳴らないかすごく不安になる…もしかすると過敏性腸症候群かも。IBSに対する鍼灸

2018年10月4日6:39 PM カテゴリー:自律神経失調症,過敏性腸症候群
  授業中や、会議中などの静かな所で、グゥーっとお腹の音がなると、とても恥ずかしい思いをしますよね。 お腹の音が鳴ってはいけないようなシリアスな場面でお腹が鳴ると、恥ずかしさから顔が赤くなったり、穴があれば入りたい!と気持ちになってしまいます。 若い女性が思春期などの多感な時期に、このようなことが繰り返し起こると、一種のトラウマとなってしまうこともあります。
▼続きを読む

起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】

2018年2月23日10:30 AM カテゴリー:低体温症,小児不眠症,症例,自律神経失調症
こんにちは 鍼灸院 天空の冨田です。 今回ご紹介するのは、起立性調節障害の症状悪化により、不眠、食欲低下、意欲低下、嘔吐、鼻血などの症状が出てしまい、学校に通えなくなった男子生徒の症例です。 学校に行きたくても行けない……   大阪市内在住  13歳  中学1年生男子 主訴;吐き気 めまい 立ちくらみ 鼻血 不眠 食欲低下 低体温 診断:起立性調節障害
▼続きを読む

【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース

2015年11月4日11:27 AM カテゴリー:症例,自律神経失調症
自律神経失調症へ鍼灸治療「鍼治療の都度に元気になり、冷え症も感じなくなって、嬉しいです」   「ちょっとしたことで疲れが残り、朝起きるのが辛い、冷え症もひどく、日常生活に支障をきたしているのを何とかしたい」 これは自律神経失調症を鍼灸治療で改善して欲しいと来院された患者さんの言葉です。 自律神経失調症も症状がひどくなりますと、日常生活に支障をきたします。 元気に
▼続きを読む

自律神経失調症は、鍼で治るのか?

2013年9月23日11:39 AM カテゴリー:自律神経失調症
自律神経失調症は鍼灸で治ります。 では、なぜ治るのかをお話ししていきます。 自律神経失調症は、ストレスや緊張感が続くことにより、交感神経が興奮したままの状態にあるといえます。 交感神経の興奮は筋肉の凝りや痛み、また、不眠を引き起こします。 交感神経の興奮が収まり、副交感神経とのバランスが取れれば、自律神経失調症は改善されてきます。 交感神経の興奮を下げるには方法が2通りあ
▼続きを読む

【自律神経失調症】大阪府在住、20代 女性、鍼灸治療のケース

2013年9月16日2:32 PM カテゴリー:症例,自律神経失調症
自律神経失調症へ鍼灸治療「治療の度に体調が良くなって、とても嬉しいです!」 「痛みが消えて、呼吸が深くなり、良く眠れるようになりたい。」これは自律神経失調症へ鍼灸治療をしてほしいと来院された女性の言葉です。 日常生活で当たり前のことが、病気になるとかけがえのないことのように思えるようになります。 この女性はその願いを叶える為に、初めての鍼灸治療に緊張しながら当院に来院頂きました。
▼続きを読む
1 / 212

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。