PAGE TOP

自律神経失調症とうつ病の違い

2018年11月10日3:12 PM カテゴリー:うつ病,自律神経失調症

自律神経失調症とうつ病を混合してはいけません。

 

自律神経失調症とうつ病は、混同されることがよくありますが、全く異なる病気です。

 

簡単に言いますと、自律神経失調症は神経の働きの異常で、うつ病は脳内のホルモンの不足や、信号が上手く伝わらないことによります。

 

脳内のホルモンにはいろいろありますが、その中にセロトニンという物資があります。この物質が不足しますと、うつ病になるといわれています。

 

セロトニンは心の緊張を和らげる物質です。うつ病の場合は、このセロトニンの量が、正常の時に比べて2倍程度少なくなるとされています。

 

自律神経失調症では、どんなに症状が重くても、セロトニンの量は、正常の時と同じです。自律神経失調症は、交感神経や副交感神経の働きが過剰になり、セロトニンの効果を上回ったときに起きます。

 

神経の働きの過剰は、心に緊張感を与えます、この緊張感をセロトニンで和らげることができない状態が、自律神経失調症といえます。

 

うつ病はセロトニンの不足により、心の緊張感が高まったり、脳内の信号が上手く伝わらず、自律神経の働きも乱れてしまうことによります。

 

どちらも、心の緊張感と神経の働きの乱れがあるので、症状は似通ってきますが、その成り立ちが異なります。成り立ちが異なれば、当然、治療法も異なってきます。ただ、症状が似通っているために混同されることはよくあります。

よく混同される、うつ病と重度の自律神経失調症の症状を比較した表を下に示しておきました。
うつ病 重度の自律神経失調症
病気の期間 3ヶ月以上 3ヶ月以内
睡眠 昼まで寝ることあり 眠気があるのに眠れない
めまい 強い 強く、雲の上を歩いているような感じ
口の渇き あり あり、よだれがでることもあり
目の渇き 涙目
肩凝り 石が乗っているように重い 首が回らない感じに凝る
胃腸症状 強い 強い
上の表がすべてではありませんが、病気の違いや似通っている点などがあることが分かります。うつ病と自律神経失調症の違いにより、正しく判断し、それぞれに応じた治療をしていくことが大切になります。

 

簡単には、うつ病はセロトニンなどの脳内のホルモンの量が増え、信号が上手く伝わるようにする治療が必要になります。自律神経失調症は、交感神経、副交感神経の働きの過剰を正し、そのバランスが取れるようにする治療が基本となります。

宜しければ下記もお読みください。
検査で異常のない病気、自律神経失調症

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。