PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

更年期障害の不快な症状の原理を知っておきましょう。

2013年4月13日8:13 AM カテゴリー:更年期障害

更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が急激に変調する期間と、月経が無くなる2~3年、合わせて、5~6年間を言います。
ただ中には、閉経前後、10年間ぐらいわたる場合もあるようです。

一般的には、45~55歳ぐらいまでの間に、更年期は、訪れるとされています。
最近は、閉経に時期が少しずつ遅くなっているようで、それに伴って更年期の時期も、遅くなっているようです。


早くなる方は、早いようで、40歳で更年期になり治療に来られた方もいます。この時期になりますと、ホルモンのバランスに乱れが生じやすくなります。

それに伴い、身体的、精神的不調をきたすことがあります。
この不快な症状を、更年期症状と呼びます。

このうち、不快な症状が、日常生活にも、支障が出るほど重篤な場合を、更年期障害と呼んでいます。
以前は、更年期障害の辛さと、閉経というイメージから、更年期以降に対する印象を、暗いものととらえがちでした。

更年期を前向きに捉えることも必要です。

近年は、「女性が本当に仕事に打ち込めるのは、月経、妊娠、育児などから、解放された更年期以降である」と考える女性が、多くなりつつあるそうです。
この考え方は、平均寿命が延びている最近においては、前向きで、大切な考え方だと思います。
更年期障害の症状は、人それぞれで、さまざまな症状が生じます。

代表的な症状はありますが、あまり聞かない症状が出ても、不思議ではありません。
そして、更年期障害としては、珍しい症状だからといって、その方が特別なわけでもありません。
よく、「私だけですか?、特別、珍しいのでは?」と、悩まれて質問を受けます。
「それが、普通です。」と回答しますと、それだけで安心され、症状が軽くなったりします。

当たり前のこととして、更年期障害に向き合っていくことも、大切だと思います。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。