PAGE TOP

腰痛の3割に含まれる危険度、分かりやすくご紹介。

2013年4月13日8:13 AM カテゴリー:腰痛

痛みの訴えの中で、一番多いのが腰痛です。今回からこの腰痛についてお話していきます。
まずは、急な腰痛についてです。代表的なものは、ギックリ腰です。痛みが強いので、心配されて来院される方も、多くあります。

ただ、そのほとんどは、痛みほど心配する必要はないものです。現在のところの研究で、急な腰痛の70%以上は、痛みは強くても、大きな病気ではないとされています。
 それでも、30%は危険な腰痛です。そこで、危険度リストというものが作成されています。分かりやすいものですので、ご紹介します。

―急な腰痛の危険度リスト―

1.ガンや感染を疑う

・ガンになったことがある
・発熱、悪寒を伴う
・説明のつかない体重減少がある
・1か月以上治療を受けても症状が変わらない
・ベットや布団で安静にしていても痛みが変わらない
・1か月以上、同じような痛みが続いている 

2.骨折を疑う

・70歳以上
・転倒したり、交通事故にあったりした 
・年配の方では、軽いけがや荷物の持ち上げなど

3.脊椎の病気

・背骨を押さえると痛い 

4.大切な神経の圧迫

・小便が出なくなる、あるいは漏らす
・大便を我慢できなくなり漏らす

危険な腰痛の代表的なものは、ガンなどの内臓から来ているものです。患者さんからも、数回の治療で痛みが消えない場合は、よく質問されます。
急な腰痛でなかなか痛みが消えない場合などは、早めに診療を行いましょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。