PAGE TOP

生理不順を引き起こす3つの病気

2013年4月13日8:13 AM カテゴリー:不妊症

生理不順は、女性にとって悩みの種ですが、ある面では、病気を知らせてくれるサインでもあります。
生理不順や無月経から、安直に、若年性更年期障害と判断するのは、危険でもあります。
その中でも生理不順を引き起こす例を、3つ紹介します。

1.多胞(たのう)性卵巣症候群

最近、増えている、生理不順の原因になる病気の一つです。
卵巣の皮膜が厚くなり、成熟した卵子が外に出にくい(排卵しにくい)病気です。
卵巣に排卵されなかった卵胞がたまる

卵巣に排卵されなかった卵胞がたまる

卵巣が肥大化

生理不順、無月経につながる

放っておきますと、不妊の原因になります。

2.早発性卵巣萎縮

   
性腺刺激ホルモンの減少

卵巣の廃用性萎縮

卵巣機能の低下、委縮

卵子を放出できなくなる

生理不順

3.早発性卵巣機能不全


20~30歳代に生じる病気です。

性腺刺激ホルモンの刺激を受ける

卵巣機能が正常に働かなく、ストップする

閉経が早く訪れる


早めの診断がなによりも大切です。

婦人科専門医を受診し、他の病気があるかないかを、調べてもらうのも、大切なことです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。