PAGE TOP

鍼灸が効かない人っているんですか?【得意・不得意】

2017年12月25日1:12 PM カテゴリー:不妊鍼灸

鍼が効かない人っているのでしょうか?

鍼灸治療には、適応症や不適応症といわれるものがあります。妊娠を望む方に対する施術は、明らかに適応症なのですが、モノによっては不適応症になることがあります。



【鍼灸治療は体内の物質を変化させます】

つい先日も、「鍼灸治療って不思議ですね。鍼先に薬が塗ってあるわけではないんですよね?」と尋ねられました。


確かに、鍼灸治療は薬などを鍼で注入しているわけではありません。それにもかかわらず、非常に大きなからだの変化を生み出します。

鍼灸治療はなぜ効果があるのでしょうか?

鍼灸治療は、皮膚の中に鍼を刺すことで、特定の受容器(刺激を受け取る器官)を刺激します。

その刺激の仕方や鍼の深さなどで、同じ場所でも違った受容器が刺激を受け取ります。

受容器が刺激を受けると、特定の神経に刺激が伝わり、脳の様々な部分に影響を与えます。その受容器や神経によって、違う反応がからだに起こります。

こうした反応を数千年記録して伝承し、また試行錯誤しながら体系化したのが現在の鍼灸治療です。

体内では、脳からの指令で、ホルモンの分泌が起こったり、自律神経からの指令で、血流を特定の部位に送ったりといった変化が起こります。

こうした体内の変化は、全てからだの中にある物質を利用して行われます。そのため、外から薬物などを投与する必要がないのです。

こうした鍼灸の作用機序は、強みでもあり、弱みでもあります。

【鍼灸治療では副作用が起こりにくい】

鍼灸治療は、体内の物質を利用してからだの変化を起こすため、副作用が起こりにくいとされています。

実際、あまり大きな副作用というのは聞いたことがありません。乱暴な刺鍼による医療過誤は起こりえますが、薬で起こるような、激しい副作用は殆ど起こらないと思います。

日本と違い、中国では妊娠初期にも通常通り鍼灸治療を行いますが、つわりや流産予防として効果を挙げています。比較的、様々な刺激の影響が出やすいと言われる妊娠初期でさえ、鍼灸治療は施術できるのです。

【鍼灸治療の弱みは】

鍼灸治療は、体内にある物質を利用して行う施術です。そのため、体内に物質が足りていない場合には、その治療効果は半減してしまいます。

全く食事を摂っていない状況では、鍼灸治療の効果は十分に発揮できません。体内に、からだの変化を起こす元になる物質がないからです。

ホルモン、筋肉、骨、血液、神経線維、卵、精子、全てその原材料が必要です。勿論、新しい命の芽生えや赤ちゃんの成長にも、十分な材料が必要です。

こうした材料を体内に入れるには、食事として摂り入れるしかありません。

食事さえ摂ることができる環境であれば、食欲が起きない場合や、消化吸収機能が弱っている場合には、鍼灸治療で消化機能を高めることができます。

また消化吸収した物質を、必要な内臓や器官・細胞へ運ぶために、血流を促すこともできます。


もう一つの弱みは、構造的な欠損や変形等を直接治す力は、それほど強くないということです。

傷付いた組織や細胞を修復するために、材料を運ぶお手伝いはできますが、手術のように、直接組織の形を変えたり、要らないものを取り去ったりという力は強くありません。

【鍼灸が最も効果的に働く妊活とは】

鍼灸治療が効果的に働くためには、栄養の摂取が十分であることが条件です。栄養の摂取さえ十分であれば、鍼灸治療は、妊活で西洋医学が苦手な部分を十分にフォローできます。

妊活において、西洋医学が苦手にしている部分は、次の通りです。

・卵の質を良くすること。
・ホルモンバランスを整えること。
・消化吸収機能を高めること
・子宮や卵巣の働きを強くすること。
・子宮内の免疫バランスを整えること。
・精子の質を良くすること。
・ストレス管理をすること。

こうした部分は、鍼灸治療が最も得意にしている部分です。特に、熟練した鍼灸師であれば、こうした強みを十分に発揮して、あなたの妊活の良きパートナーになれるはずです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。