PAGE TOP

この特徴があったら危険かも!?我慢してはいけない頭痛の特徴

2013年4月13日9:04 AM カテゴリー:頭痛

頭痛は辛く、我慢できないものですが、普通は危険でないことが、ほとんどです。
しかし、中には急を要する頭痛もあります。
この見分け方は、特に詳しい検査が必要ではありません。
頭痛が起こったとき、感じた状態だけで、ほぼ判断が付きます。

大きくは3つの特徴があります。

  • 1.今まで経験のしたことがない頭痛
  • 2.突然に起こった頭痛
  • 3.最近1ヶ月の間にだんだんとひどくなる頭痛
これらのうち、一つでも当てはまる場合は、夜中でも、すぐ脳外科に行くべきです。
くも膜下出血になりますと頭痛がおこります。

その特徴は、「バットで殴られたような突然の激しい頭痛」です。


痛みがあまりない頭痛とは?


ただ、最近研究で、頭痛があまりはっきりしない例もあることが、分かってきました。

その例としては・・・
1.頭の中に衝撃を明確に感じる
2.気が遠くなる感じを伴う、頭痛
2.の場合、意識を失っていることがれば、さらに危険度が増します。

>このような、くも膜下出血による頭痛を感じたら、すぐに病院に行きましょう。
これは、出血後24時間経つと、出血した場所が薄くなり、CTスキャンでの診断が難しくなるからです。

くも膜下出血は出血が少ないと、頭痛はすぐに治まり、大したことがないように思えます。
どのような病気でもそうなのですが、特に頭痛持ちの方は、ご自分の感覚は、当てになります。

すなわち、「いつもの頭痛」と思えるときは、ほとんど心配がいりません。
痛みが軽くても、「いつもと違う頭痛」という場合は、病院へ行ったほうが良いといえます。 

このいつもと違うという感覚は、非常に大切です。私の尊敬している神経内科の先生のコラムから、その例の概略を引用しておきます。

「当直明けで、帰宅準備をしていると、近所の会社の役員が、頭痛で来院した。
初めは、単に頭痛と思っていた。話を聞くと、大事な会議を抜けて来たという。
単に頭痛で大事な会議を掘り出して来ることはないので、まず脳出血だろうと思った。
そこで、レントゲン技師に無理やり、CTスキャンを撮らすと、案の定、脳出血があった。
 すぐに、脳外科に連絡し、手術をしてもらった。後遺障害は、手当てが早かったのでなかった。」

このように、患者さんの「いつもと違う」感覚というのは、大切なものです。

危険な頭痛の徴候のまとめ

1.これまでで、最悪の頭痛か
2・だんだんひどくなっている頭痛か
3・突然に起こった頭痛か

いつもの痛さとは違うなと感じたら、速やかに病院で検査を行うことが症状悪化の予防にも繋がります。
周りの大切な方の為にも、是非覚えておいてください。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/20
3年間全く妊娠しなかったのに、通院8回で妊娠しました。
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。