PAGE TOP


【お盆休みについて】

当院のお盆休みは8月12(日)から16(金)までになります。

予めご了承ください。

鍼灸治療でなぜ妊娠しやすいからだになるのでしょうか?

【病院では妊娠できない理由とは】   当院が開院する大阪市内では、体外受精や顕微授精を行う高度生殖医療専門病院が、非常にたくさん存在します。数十万円から、時には100万円を超えるような治療費を使って、様々な検査を行い、沢山の注射や飲み薬を服用しても、全ての人が妊娠できるわけではありません。 日本国内で不妊治療により妊娠・出産する人の数は、年々増えていますが、その一方で全く妊
▼続きを読む

栄養と鍼灸治療で3か月後の若返りを目指しませんか?

2018年5月10日10:28 AM カテゴリー:AMH,不妊鍼灸,卵の質,女性ホルモン,妊活全般,自然妊娠
不妊専門病院に通い出すと、タイミング法で3~4カ月、人口受精で6カ月様子をみて、それでも妊娠に至らないと、体外受精を勧められます。 統計上のデータでは、このタイミングのステップアップが最も効果が出やすいようで、「これがあなたにとって一番いいのだ!」と言われているようで、ステップアップを断るには勇気が必要です。 ところがこのお話には一つの例外があります。それはあなたのからだが日々年老いていく、或
▼続きを読む

妊娠の秘訣は肝臓にあり?

2018年3月5日4:59 PM カテゴリー:お勉強,卵の質,女性ホルモン,妊活全般,肥満,自然妊娠
妊活中のあなたが、卵の質にこだわるなら肝臓を働かせましょう。妊活と肝臓は、あまり関連性がないと思われるかもしれませんが、実は非常に密接なものなのです。 【ものを作る肝臓】 肝臓の働きと効いて真っ先に思い浮かぶのは、アルコールや薬などを解毒する働きではないでしょうか? 勿論妊活には、解毒というものは欠かせません。体内に入ってきた毒物を、無毒化して体外へ排出するには、肝臓の働
▼続きを読む

ニキビ治療と不妊を同時に治療【大人ニキビとPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)】

  当院では、不妊鍼灸のほかに美容鍼灸もしているのですが、この美容鍼灸と不妊鍼灸には共通点があります。 それは女性ホルモンを調整するということです。女性ホルモンは、生理周期の時期によって分泌されるホルモンが違うため、適切な時期に適切なホルモンが分泌されていることが必要です。 このホルモン分泌が適切であるということが、妊活においても美容においても大事なのです。
▼続きを読む

生理周期によって、鍼灸治療の内容を変えています。

2018年2月3日12:44 PM カテゴリー:不妊鍼灸,女性ホルモン,子宮内膜
当院では、排卵前の鍼灸治療と、排卵後の鍼灸治療で治療内容が変わります。 排卵前 子宮や卵巣の血流を増加させる。 卵巣:卵胞に必要な栄養や酸素、女性ホルモンをしっかり送り届けるため。 子宮:子宮内膜への血流を確保し、急激に成長するらせん動脈の形成を助ける。 排卵後 免疫系の調節をする。 子宮:精子や受精卵に対する免疫寛容を行うため。 こうして生理周期で治療
▼続きを読む
1 / 212

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。