PAGE TOP

妊娠悪阻(つわり)の鍼灸治療

2018年7月22日7:45 AM カテゴリー:妊娠中の体調管理

こんにちは鍼灸院 天空の冨田です。

 

妊娠中のつわりは、多くの妊婦さんに出る症状です。軽い吐き気程度から、全く食事が摂れなくなる人まで、かなり個人差が大きいのも特徴です。

様々な原因を挙げる人がいますが、決定的な原因は分かっていません。ただ、つわりが出やすい傾向はあるようで、次のような方は出やすい傾向があります。

 

・妊娠や出産に対する恐怖感が強い人。

・元々車酔いをしやすい人。

・めまいや立ち眩み等の自律神経失調症状がある方。

・ストレスが過剰な方。

・胃腸が弱い方。

・母親がつわりが強かった方。

・周囲につわりが強い人がいた方。

・過去につわりを経験した方。

 

こうした原因を幾つかに分けるとすると、心理的な要因、胃腸の弱さ、遺伝的な要因などがあります。免疫反応や胎児に対する異物反応だという方もいますが、これも決定的だとは思えません。

 

つわり(妊娠悪阻)の鍼灸治療

 

つわりは妊娠悪阻(にんしんおそ)とも言われ、大抵は妊娠12週程度までで治まります。妊娠12週は、胎盤がほぼ完成して、流産の危険性がグッと少なくなる時期でもあります。

安定期は16週と言われますが、実際には12週を過ぎると、約90%以上は無事に出産に至ります。

この時期を過ぎるとつわりが減ることを思うと、心理的な不安感や、妊娠に対する「ある種のからだの慣れ」も関係しているのかもしれません。

つわりの鍼灸治療としては、幾つかの目的を持って治療をしていきます。

 

1.脾胃の弱りや冷えを解消する。

2.自律神経を整える。

3.心理的な不安感を無くす。

4.冷えのぼせを無くす。

5.胸を開く(寛胸作用)

 

この中でも、寛胸(かんきょう)と呼ばれる東洋医学独特の治療は、最も即効性があります。寛胸とは、文字通り胸を寛げることです。

吐き気で詰まった喉元や胸元をひらいて、呼吸を楽にする作用があります。この代表的なツボが、内関(ないかん)と呼ばれるツボです。


内関は、車酔いなどにも使用されるツボですが、強く刺激し過ぎると、逆に体調を乱すこともありますので、注意が必要です。

この内関を軽く刺激するだけでも、軽いつわりであれば、かなり効果的に働きます。私たちが施術する場合には、内関以外のツボを組み合わせて使用します。

 

実際のつわり(妊娠悪阻)に対する鍼灸治療

 

大阪市在住 30代女性

 

つわりのため産婦人科を受診していましたが、解決策がなく、来院時には、食事量がかなり減っている状態でした。

来院時は妊娠8週でしたが、寝起きに強い吐き気があり、昼間は少し軽くなりますが、夕方ごろから再び強い吐き気がしていました。

元々冷え性や肩こりがあり、自律神経もあまり強くないと自覚されていました。ネットでつわりを検索したところ、鍼灸治療が効果的なことを知り来院されました。

 

<鍼灸治療>

 

内関

長さ15mm 太さ0.18mmの使い捨て鍼を使用し、2~3mm刺入

足三里

長さ40mm 太さ0.18mmの使い捨て鍼を使用し、約2cm刺入

腹部に接触鍼(刺さない鍼)

腹部の張りがある場所を、刺さない鍼で緩めていく。約3~4か所ですっかり緩みました。

 

初回の鍼灸治療は、これだけです。鍼を2か所刺し、腹部を刺さない鍼で緩めただけで、その時出ていた吐き気は殆どなくなりました。

軽いつわりであれば、こうした施術を数回すればつわりは殆ど無くなります。重症の場合には、もう少し鍼を増やすこともありますが、強刺激はあまり必要ありません。

 

過去最強のつわり患者

 

私が経験した中でも、最も強いつわりで来院されたAさんは、忘れることができない思い出です。Aさんは、お母様の電話で初診予約をお取りになりました。

その頃、既に電話で喋ることも出来ないほどに衰弱しており、電車移動も車移動も酔ってしまい出来ない状態でした。

初診時、Aさんは、お母様が押す、車いすに乗って来院されました。マスクをして車いすに乗った姿は、とても妊婦とは思えないほどに痩せており、一抹の不安を感じるほどのお姿でした。

この日、大阪市内とはいえ、隣の区から川を越え、車いすを押して来院されたお母様は藁をもつかむ思いだったのでしょう。

お話を伺うと、病院の入退院を繰り返しながら点滴を続けているにも関わらず、つわりが軽減しなかったそうです。

その当時のAさんは、唯一食べることができるものが、イチゴ蒸しパンとイチゴミルクのみで、それ以外のものは、全く口にすることができないと仰っていました。

つわりのために仕事を休職されていましたが、日々やせ細っていくとのことでした。


治療としては、脾胃の調子を整える基本的な治療をしましたが、治療頻度は少し多めの週2回としました。最初の2~3回は車いすで来院されましたが、その後自力で通院できるようになりました。

徐々にご主人が作った雑炊が食べられるようになり、長期に渡ったつわりも無くなり、無事に仕事に復帰されました。

ところがその数か月後、電話でご予約を頂き、腰痛で来院されました。つわりの時以来、初めての来院時、その姿を見て再び衝撃を受けました。


私の前にいるのは、私が知るAさんではありませんでした。

「あの…凄くリバウンドしていませんか?」

「これが本来の体重なんです。つわりで激やせしてたので。」

恐らくですが、つわりで10kg近く痩せていたようで、全く別人となった本来のAさんは、電車で元気に通勤するようになっていました。

腰痛の鍼灸治療を終え、また元気になったAさんは、産後も何度かご来院して頂きました。このAさんが通院していた産婦人科からは、その後も何人かのつわりの患者さまを、ご紹介して頂きました。

それにしても、姿形がすっかり変わるほどのつわりは、後にも先にもAさんだけです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。