PAGE TOP

2人目不妊の原因を知っていますか?

2018年7月30日9:52 AM カテゴリー:2人目不妊,不妊症

こんにちは。今回は2人目不妊について書いていきたいと思います。2人目不妊の原因は大きく3つです。

 

1.1人目妊娠・出産後にからだが大きく変化した。

2.1人目の妊娠が奇跡的な確率で成功した。

3.2人目ができないプレッシャー

 

この2つをしっかり理解すれば、2人目不妊は解消出来るはずです。

【妊娠や出産でからだが変化】

 

からだの中の細胞は、日々新しい細胞と古い細胞が入れ替わっており、特に妊娠や出産などの大きなな変化の後は、体に多くの変化をもたらします。

妊娠や出産では、ホルモン分泌が変化するため、体質が大きく変わる方がいらっしゃいます。妊娠前には酷かったアレルギーがすっかり治ったり、逆に全く無かった花粉症が出たりすることもあります。

こうしたからだの変化は、自律神経や免疫機能の変化を示しています。

また、生理痛の変化を訴える方も多く、こうした変化はホルモン分泌の変化や、血液凝固の変化を表します。

こうした変化は、あなたの妊孕性(妊娠しやす)を大きく変化させる原因になります。

そういう意味では、1人目の妊娠や出産が終わった今は、1人目妊娠前とは全く違うからだであるという認識が必要です。

現在の状態を正しく把握することで、妊娠しやすいからだを新たに作っていく、という自覚が必要になります。

「1人目はあんなに簡単に妊娠したのに!」というのは、最早通用しないということになります。医師の中にも、「あなたは1人産んでいるのだから大丈夫。」と言う方もいますが、それは大きな間違いだということです。

今のあなたを理解することが、2人目不妊を解消するためには、最も必要なことです。

 

【1人目の妊娠は奇跡?】

 

生理不順やその他の原因で、妊娠のタイミングを取りにくい方がいらっしゃいますが、そういう方でも、全てのタイミングが奇跡的な確率で揃うと、全く苦も無く妊娠することが可能です。

そのため、生理不順でいつ生理が来るのか分からないという方でも、奇跡的に妊娠することがありますが、その場合には、2人目不妊になる確率は非常に高くなります。

こうした方も、1人目を妊娠したということを忘れて、今の自分を正しく理解することが必要です。

またこういう人の場合には、元々の体質や遺伝的な背景を考える必要も出てきます。元々妊娠しにくかった方が、たまたま1人目を妊娠・出産した場合の方が、ある意味、2人目を妊娠することは難しいのです。

 

【第3の原因:プレッシャー】

 

第3の原因であるプレッシャーは、非常に厄介なものです。1人を簡単に妊娠した、或いは出産できたという自信は、度重なる失敗の際には、大きなプレッシャーになることがあります。

「何故2人目はできないの?」という思いが、どんどんストレスに変換され、あなたの妊孕性を奪います。

ストレスは、最も簡単に不妊を引き起こす原因です。またストレスは不妊だけではなく、流産の原因にもなってしまいます。

習慣性流産の女性は、ストレス対策をするだけでも、約8割が出産に至るというデータもあります。

原因を理解しようとせず、1人目ができたのだから2人目もできるはずという思い込みが、返って冷静さを失わせ、より大きなストレスとなって不妊のスパイラルに陥るのです。

 

【臨床の現場からは意外な例も】

 

私が過去に診せて頂いていた例でいうと、2人目不妊が男性側の原因で起こることも多々ありました。

非常に熱心に通われていた女性は、相手の男性が再婚でした。その男性には、先妻との間に1人子どもがいたため、男性側に原因はないと考えていました。

生理不順がちだった女性は、病院と鍼灸治療を併用して頑張っていましたが、生理不順は治ったものの妊娠しなかったため、念のため男性の検査をしました。

すると、3年前にお子さんを設けたという男性は、全く精子がいない状態でした。そこで考えられることは、3年で精子がいなくなったか、元々いなかったかということです。

同じパートナーとの間での例でも、数年で精子の状態が大きく変動する方は少なくありません。一番最初にご紹介した、からだの変化は、妊娠や出産の無い男性にも起こるということです。

 

【2人目不妊のための鍼灸治療】

 

不妊鍼灸の方法は、1人目と2人目で大きく変わることはありません。ただ、目の前にいる患者さまの状態が変化していれば、それに合わせて施術をします。

もし1人目をご出産された前と後で体調が悪化していれば、その体調を良くするための施術をします。

 

<1人目出産前後で体調が悪化している方の場合>

 

1人目を産む際に、自分の体力や貯蔵していた栄養分を、赤ちゃんに奪われたのなら、食事指導を含めて体力増強や栄養補給を行います。

特に、1人目の妊娠時につわりがきつかった方などは、外から栄養補給ができないため、自分のからだから、栄養を赤ちゃんに補給します。

出産後は、妊娠前にストックしておいた栄養素が不足しているため、妊娠することができません。その場合には、消化吸収を良くする鍼灸や、造血機能を高める鍼灸、そして妊娠しやすくなる鍼灸を同時に施術します。

また、妊娠に必要な栄養補給を、栄養指導ですることになります。

 

出産後の養生ができていない場合も、体力低下が原因で妊娠できないことがあります。その場合、1人目の育児ストレスや、戻らないホルモン周期などが原因となることもあります。

こうした場合にも、鍼灸治療で、ストレスに弱い視床下部への負担を減らす施術、或いは生理周期を整える施術をします。

すると、1人目を産んだ時よりも、より良い状態で妊娠できるようになり、2人目不妊を克服することができるようになります。

 

<1人目を奇跡的に出産した方の場合>

 

1人目の出産がスムーズにいくと、2人目も当然スムーズだという思い込みから、1人目に苦労した人よりも、妊娠しないことに、より高いストレスが掛かる可能性があります。

ストレスは、最も簡単に不妊傾向を出す原因となるため、こうしたストレスは、できるだけ排除した方が妊娠しやすくなります。

そのためには、正しく自分のからだを把握することが大事です。

 

・あなたの生理は定期的に来ていますか?
・生理の量や期間は適切ですか?
・生理に血の固まりや強い痛みは伴いませんか?
・近親者に同じような不妊に悩む方はいませんか?
・病院で診てもらったことがありますか?
・体調で不調なところはありませんか?

こうしたことを、一つずつクリアしていくことで、あなたの妊娠する確率は上がってくるはずです。

鍼灸治療では、こうした体調の変化や遺伝的な背景を知ることで、あなたが妊娠できない原因を探り、あなたに合ったオーダーメイドの施術内容を見付けます。

あなたが妊娠できないのは、あなただけの理由があるはずです。それを見付けることが、2人目不妊克服の近道です。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。