PAGE TOP

鍼灸を全く知らない人のための不妊鍼灸Q&A

2017年11月10日10:11 AM カテゴリー:不妊鍼灸

不妊鍼灸は受けてみたいが、衛生面や痛くないか心配…。という方のために、患者さまの聞きたいことや、聞きにくいこともこちらで解決しませんか?

<実際の治療風景>



Q,鍼灸治療はどのくらい痛いのでしょうか?

A.痛みはその時によりますが、我慢できないような痛みはありません。

鍼灸治療の痛みは、大半の人が驚くほど微細なものです。ただ、部位や目的により多少の違いはあります。

痛みを感じることが多いのは大きく二つのパターンです。一つは切皮痛という痛みです。

これは、鍼が皮膚に入るときに感じるもので「チクッ」という程度です。お裁縫の鍼を想像される方もいますが、恐らく想像する痛みの10分の1以下の痛みです。

もう一つは鍼の響きと言われる痛みです。これはからだの奥で感じる、どこが痛いのか分からない鈍痛です。

中国では、この響きがあって初めて効果があるとされていますが、日本ではそれほど重視されません。当院でも、あえて響きを感じるまで刺すということはありませんので、全く鍼の刺激を感じないままお帰りになる方もいらっしゃいます。

Q.鍼は使い捨てでしょうか?

A.当院では全ての鍼が使い捨てです。

鍼灸の場合、鍼からの感染症の危険性はそう高くありませんが、鍼の老朽化による破損の危険性がありますので、全て使い捨てです。

Q,どこに刺しますか?

A.鍼はその方のお体の状態により、刺す場所が違います。

不妊鍼灸の場合には、膝から下や下腹部、腰の場合が多くなります。肩こりや頭痛などをお持ちの場合には、不快症状を取り除くために、その対象部位に治療を加えることがあります。

Q.保険は利かないのでしょうか?

A.当院全て自費での施術です。

鍼灸治療は、非常に経験や技術の差が出やすい施術です。そのため、誰にでも同じ金額で同じ医療を提供する、保険診療の概念に沿っていないと思われます。

鍼灸治療は、国家資格を有した鍼灸師がする施術ですので、医療費控除の対象となっています。

お渡しする領収書は、毎回必ず保管して下さい。

Q.どのくらいで効果が出ますか?

A.治療効果はその目的により、効果が出るまでの時間が違います。

最も効果が出やすいのは、血流の改善や子宮筋の活動性を上げることです。子宮は自らの筋肉で精子や卵子を運ぶ役割があります。

そうした働きを上げることで、着床率や妊娠率を上げることができます。体外受精や顕微授精の、胚移植当日のに行う鍼灸は、これに含まれます。

長期的には免疫系の改善や、卵の質を上げる効果があります。こうした効果は3カ月が一つの目安ではあります。

元々の体調がすぐれない場合に、卵の質を上げようと思うと、それ以上の時間がかかることはあります。

Q.鍼灸の副作用はありますか?

A.鍼灸を受けることで起こる副作用はありません。

ごく稀に、鍼をした後に、からだのだるさや強い眠気を感じる方はいらっしゃいます。

その場合、ゆっくり休んで頂くか、そのまま寝て頂くと鍼灸の効果はより高まります。

また、長期間続けて受けることで起こる弊害もありませんし、癖になるということはありません。

Q.鍼はどのくらいの深さまで入りますか?

A.通常は2~3mmから深くても5cmまでです。

当院で不妊鍼灸に用いる鍼は、長さ15mm~50mmのものです。ただ多くは2~3cmまでで行います。

私は、皮膚に刺さずに、皮膚に当てるだけの接触鍼という手技をよく使用しますが、その場合には皮膚の中には全く刺入しません。

Q.問診では流産や堕胎のことを話さないとだめですか?

A.お話して頂きたいですが、患者さまにお任せしています

本当は全ての妊娠や出産、流産、堕胎の経験は教えて頂きたいのですが、最終的にはお任せしています。

ただこうした情報は、治療や妊活の方針にも影響する貴重な情報ですから、できるだけ詳しくお話して下さい。

鍼灸師には守秘義務がありますので、施術中にお聞きした内容が外部に漏れる心配はございません。

Q.不妊鍼灸はどの鍼灸院も行えるものでしょうか?

A.施術自体はシンプルですが、情報量にはかなりの差があります。

鍼灸治療には、診療科目というものがありません。そのため、熟練した腕のいい鍼灸師なら、不妊鍼灸を行うことはできます。

特に「不妊鍼灸」や「妊活鍼灸」という看板を上げているから、腕が良いとは限りません。

中にはただの営業目的で上げている、知識も腕もない鍼灸師や整体師も数多くいます。

本当の腕のいい不妊鍼灸専門家と、一般の腕のいい鍼灸師の違いは、ずばり情報量の差です。

私たちは不妊鍼灸のことだけではなく、病院で受ける治療の内容や、西洋医学的な不妊の知識、病院による治療法の差や評判などを把握しています。

そのため、今後の病院で行う治療の相談や、転院の相談などにもお役に立てます。

つまり妊娠や出産にまつわることなら、かなり広いサポートができるということです。

<不妊鍼灸責任者 冨田の施術>

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。