PAGE TOP

排卵誘発剤は万能ではない!?鍼灸と併せることで効率よく妊活しませんか?

2018年4月21日8:00 AM カテゴリー:不妊治療に使うお薬,不妊鍼灸

 

排卵誘発剤を使用すると、普段1個しか排卵しない卵が、複数個育ちます。

すると、卵巣の中の卵が、早く無くなりそうな気がしませんか?

排卵誘発剤の働きを知らないと、年齢が高くなるに連れ、排卵誘発剤を使用することに抵抗感が出てきそうです。

そこで排卵誘発剤の働きと、鍼灸治療と併用した場合のメリットをご紹介します。

<当院 堀内先生>

【排卵誘発剤は目覚める卵を増やすのではありません】

あなたの卵巣には、産まれた時から約200万個の原子卵胞が存在します。200万個の卵胞は、思春期までの間に170~180万個が姿を消し、約20~30万個の卵胞が残ります。

この20~30万個の内、実際に排卵する数は1月に1個とすると400~500個です。(12カ月×40年=480)

 

それ以外の卵胞は、卵巣内に残るのかと言うと、そうではありません。毎月数十個~1000個とも言われる卵胞が成長し、排卵されることなく消えていきます。

卵胞は、脳下垂体から分泌される、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)の影響で成長します。

成長をし始めてしばらくすると、卵胞の細胞から分泌される物質の影響で、FSHの分泌が制限されます。

そのため多くの卵胞は消えていき、一つだけの卵胞が育つのです。


排卵誘発剤は、減っていくFSHを減らさないようにしています。つまり、自然に消えてしまうはずの卵胞を、FSHを補うことで育てているのです。

消えていくはずの卵胞を育てているので、卵巣の中にある卵胞が、排卵誘発剤を使うことで急激に減ることはありません。

【排卵誘発剤は万能ではありません】

排卵誘発剤を使用しても、卵胞が全く育たない方がいらっしゃいます。

・GnRHを分泌する能力が極端に低い。
・卵胞を育てる栄養が十分に届いていない。
・卵巣自体の働きが低下している。
・自分自身の健康状態が良くない。

こうした人に対して排卵誘発を続けると、逆に卵胞を育てる力が落ちてしまい、不妊傾向が強まることがあります。

排卵誘発剤は、あなたの体調を整えて育つ卵胞の数を増やすのではありません。ただ単にホルモンの分泌を増やすだけなのです。

育つ卵胞の数が増えるだけでは、あなたの妊娠が近付いたとは言えません。育つ卵胞の質が高まるからこそ、あなたは妊娠に近付くのです。

排卵誘発剤を有効に利用するためには、根本的な体質改善や体調管理が大事なのです。

【排卵誘発剤と鍼灸治療の併用】

先ほどもお話した通り、排卵誘発剤を使用すると、弊害が出る場合があります。

・子宮内膜が薄くなる。
・生理周期が乱れる。
・頸管粘液が出なくなる。

こうした妊娠にとってマイナスの働きは、本来の生理周期では分泌されないはずの時期に、無理やりホルモン分泌をしたり、外部から足したりしたためです。

特に半減期の短いクロミッドでは、薬の働きが本来の生理周期を乱すことがあり、その結果、上のような副作用が出てしまいます。

こうした副作用を防ぐには、少しでも早く体内に残った薬を解毒し、本来の生理周期を整えることが大事になります。

鍼灸治療は、血液循環を改善することで、体内に残った薬を肝臓に運びやすくし、少しでも早く解毒するようにします。

また排卵誘発剤で育つ多くの卵胞に、栄養を運びやすくなるため、卵胞の成長も良くなります。

さらに血液凝固や炎症を防ぐ働きにより、排卵誘発剤を使用した採卵の際に起こる、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を予防する働きもあります。

・乱れた生理周期を整える。
・解毒能力を高める。
・OHSSを防ぐ。


こうした働きにより、排卵誘発剤の副作用を減らしながら、最大限の効果を発揮するのです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。