PAGE TOP

子宮内環境の変化と鍼灸治療

2018年7月17日3:05 PM カテゴリー:お勉強,不妊鍼灸,体外受精・顕微授精,子宮内膜
当院で行う鍼灸治療は、伝統的な東洋医学的治療を元にして行いますが、できるだけ最新のエビデンスも取り入れて、一般の方にも分かりやすく、他の医療関係者が見ても納得のいく内容にしたいと思っています。 ここ最近の生殖医療に関するトピックを見ていると、排卵後の子宮内環境に関するものが多く見られます。 今までは、妊娠初期の流産や着床障害は、卵の質が原因だと思われていたのが、実際には、子宮内膜の環境が問題で
▼続きを読む

不妊治療の様々な選択肢について考える【病院・検査・治療・】

2018年6月16日8:40 AM カテゴリー:お勉強,不妊鍼灸,子宮内膜,自然妊娠
不妊治療には選択することが沢山あります 不妊治療は、治療期間が長くなるほど次に受ける治療の選択肢が狭まります。 経済的な問題であれば解決できる方はいるでしょうが、時間の問題はどうしようもありません。 選択肢が狭まる中、その方が取ることができる選択肢を見付けるのも、私達の役割だと思っています。 【不妊専門病院の選択肢】   不妊専門病院の選択は、一般の方からすると非常に難し
▼続きを読む

妊活に効果的な栄養の摂取と鍼灸治療の関係

2018年6月7日8:41 AM カテゴリー:お勉強,不妊鍼灸,卵の質,妊活全般,子宮内膜,自然妊娠
栄養の摂取は、妊活にとって非常に効果的なのですが、その一方で、体調の改善に時間が掛かるということも知っておくべきです。 葉酸をサプリメントで摂る場合も、妊娠後に慌てて摂っても、本当に必要な時期に間に合いません。 こうした栄養の摂取と鍼灸治療の関係について学んでみましょう。 【栄養摂取の目安は3か月】 栄養の摂取を妊活に役立てるには、約3か月の余裕が必要です。 消化吸収された栄養が、実際に
▼続きを読む

仲のいい夫婦ほどご夫婦で妊活するべき理由

ビタミンD不足は、男女ともに不妊の原因となると言われています。このビタミンD不足は、ご夫婦で似た傾向になることという報告がされています。 考えてみれば、同じものを食べ、同じような生活リズムで暮らしているのですから、同じものが足りなくなっても不思議はありません。 栄養の摂取や生活習慣が不妊傾向に関係するとしたら、ご夫婦で妊活する意味が更に深まることになります。 【不妊の夫婦は2人ともビタミンD
▼続きを読む

不妊治療を休むという積極的治療

妊娠しづらい方にとって、不妊治療は必須の治療のように思われがちですが、実際にはそうではありません。 特に機能性不妊と診断されている方にとっては、不妊治療を休むということが一つの治療として成り立つ場合もあります。 機能性不妊は決定的な理由がないにも関わらず、妊娠に至らない方のことです。 機能性不妊の中には不定期ではあるが排卵がある多嚢胞性卵巣症候群の方や、片側の卵管が詰まっている方、或いは卵管
▼続きを読む
1 / 41234

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。