PAGE TOP

昨日の鍼灸院日記

2018年8月7日8:12 AM カテゴリー:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群),タイミング法,症例

昨日、1年以上通院して頂いていた患者さまが、無事に最後の施術を終えました。

当院では、体調に問題が無ければ、妊娠12~13週で一旦施術を完了します。これは、胎盤がある程度完成して、初期流産の可能性が低くなるタイミングです。

12週まで無事に終えた方は、約9割が無事にご出産されます。そのため、12~13週の時点で健康状態に問題が無ければ、施術を完了としています。



【最後の施術後に心拍確認】

昨日も、施術の後に心拍確認をさせて頂きました。市販されている、エンジェルボイスという機械を使用すると、胎児の心拍が確認できます。

不妊治療を経て妊娠した場合、流産のこともよく知っているだけに、毎日が不安との戦いになることがあります。

当院では、そうした不安を少しでも和らげるために、エンジェルボイスを使って、患者さまと心拍を確認します。

妊娠週数が浅いと、心拍確認にはコツが必要です。

私が片方のイヤフォンを使い、もう一方を患者さまに聞いてもらいながら、確認をすると、

「シャンッ!シャンッ!シャンッ!」

と元気よく心拍が確認できました。(エコーではこんな感じの音です)

このエコーで面白いところは、お母さんの心拍と胎児の心拍を聞けるところです。

お腹には、腹大動脈と言う動脈が通っています。腹大動脈はお母さんの血管ですから、お母さんの心拍を聞くことができます。

そのすぐ横では、赤ちゃんの心拍を聞くことができます。赤ちゃんの心拍はとても早く、お母さんのゆっくりとした心拍と対照的で、感動するようです。

そこで私は、お母さんの心拍と赤ちゃんの心拍を交互に聞かせながら、確かに2人の命がここにあることを伝えます。

この患者さまは、1年前来院されたときには、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)のために、自力では生理が来ない状態で、妊娠などは遠いことだと思っていたと思います。

一般的には、不妊鍼灸に1年以上も通ってくれる方は少なく、諦めずにからだ作りをしながら通って頂いて、本当に良かったと思います。

今回、タイミング法で妊娠できたことも、つわりが殆どないまま施術を終えたことも、根気強くからだ作りをして頂けたお陰だと思います。

幸せのおすそ分けをして頂き、本当にありがとうございました。まだ結果が出ていない患者さまにも、こうした経験をして頂けるよう、精一杯施術させて頂きます。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。