PAGE TOP


【年末年始のお休みについて】

当院の年末年始の休みは12月30日(日)から1月4日(金)までになります。

予めご了承ください。

胚盤胞移植前に行った不妊鍼灸の症例

2017年10月30日5:05 PM カテゴリー:不妊鍼灸,症例

胚盤胞移植前の体調管理のための鍼灸 大阪市在住 30代女性

「今回を最後の移植にするつもりでした。」

・9月初旬に来院
・1か月後に胚盤胞移植の予定
・2人目不妊
・これが最後と決めての胚盤胞移植
・来院前に3回胚移植をして妊娠しなかった



【経過】

元々生理痛が強く、生理痛対策でピルを服用していたそうです。

ピルを服用してから、生理痛は軽減しましたが、生理不順になってしまいました。

1人目の妊活の際、前述の生理不順(排卵障害)があったため、体外受精を選択されました。

1回目の採卵で、20個以上の採卵ができ、胚盤胞が10個以上凍結保存できました。

胚盤胞移植1回目で妊娠され、その後無事出産されました。現在2歳のお子さんがいらっしゃいます。

自分や子どもの年齢も考慮し、今年に入り2人目の妊活を開始しました。今までに計3回の胚盤胞移植をしましたが、妊娠はしませんでした。

その後、不育検査の結果、血液凝固因子が陽性であったため、血液凝固防止にヘパリンを投与されるようになりました。

年齢のことやお仕事のこともあり、もうそろそろ妊活を止めようと決意し、最後の可能性に賭けて、鍼灸治療を受ける気になったそうです。

【初診時の診察】

初診時は、肩こりと頭痛を訴えていらっしゃいました。首肩を触ると、確かに首に凝りと熱感が感じられました。

腹診では、上腹部の固さと下腹部の軟弱さを感じました。上腹部の固さはストレスによる胃の張り、下腹部の軟弱は経産婦であることを考えても、子宮や卵巣などの機能低下の可能性を表していました。

そのため、子宮や卵巣の血流改善と、精神的ストレス軽減や生殖の中枢機能を向上させるため、脳に対するアプローチも加えました。

肩こりや頭痛は、放っておくとストレスの元になりますので、しっかりと治療で取り除きました。

【初診 9・14】

風池(両)、腎兪(右)、膈兪(右)

関元(接触鍼)、三陰交(左)、復溜(右)

使用している鍼は、全て0.18mmです。初診時は、首こりと頭痛を取り去ることを重視し、首の付け根にある風池穴に鍼をしました。

鍼を抜くと、頭痛や首の凝りが無くなっていることに驚いていました。

冷えのぼせは、肩こりや頭痛の原因となるだけではなく、妊娠しにくくなります。そのため、気を下に引き下げ、気血を下半身に巡らせるために、下腹部の関元穴に刺さない鍼をしました。

関元に鍼を当てると、胃腸が動き出し「グルグル」と音を立てて動き出しました。これは副交感神経が活発に働いていることを表します。

治療後に頭痛や肩こり、そしてお腹のアンバランスな固さが改善されたことを確認して、1回目の治療を終えました。

【2診目 9・21

風池(両)、天柱(両)、志室(右)、厥陰兪(左)

中封(右)、復溜(右)、関元(接触診)

前回の頭痛は、1日で無くなったようです。引き続き血流改善とストレス軽減、下半身の冷え解消の目的で、鍼灸治療をします。

少し気の鬱滞が強かったため、足首の内側にある中封穴を加えました。元々の生理痛も、こうした気血の鬱滞が原因だったのだろうと思います。

気血の鬱滞が原因の生理痛は、非常に痛み強く、東洋医学では瘀血と表現されます。瘀血を作りやすい方は、出産後体調が良くなると言います。ただ実際には溜まった瘀血が排出されただけですから、時間が経てば再び瘀血が作られます。

昔のように出産回数が多ければ、瘀血が定期的に排出されるため、体調悪化は防げる可能性はありますが、現代では難しそうです。

今回の患者さまは、瘀血が1回目の出産で排出された後も、気血の鬱滞の体質が改善されなかったため、妊娠がしづらい状態になってしまいました。

【3診目 10・5】

風池(両)、心兪(左)、腎兪(右)

丘墟(左)、関元(接触鍼)、太谿(左)

移植前としては最後の施術でした。ツボは普段とあまり変わりませんが、移植前で不安感が強めに出ていたため、丘墟穴を加えました。

次回は移植直後に来院予約をして頂きました。移植当日の鍼灸治療は、着床率が上がることが分かっています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18440533
(IVF妊娠率は移植当日に行うと明らかに増加する)

【4診目 10.13】

次髎(両)、腎兪(右)、大腸兪(右)

関元(接触鍼)、復溜、(右)、解谿(左)

4診目は、胚盤胞移植の直後に来て頂きました。移植直後の治療は、通常軽めの施術で終わります。配穴はあまり変わりませんが、次髎穴という骨盤のツボを刺激して、内膜の血流を増加させ、着床率を上げています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16600232
(胚移植の当日の鍼治療は、不妊女性の生殖転帰を有意に改善する)

 

【妊娠判定と考察】

「妊娠反応が出ました!」とのご連絡を頂きました。

3度の移植失敗や、仕事と子育て、更に妊活を両立することが精神的に辛かったそうです。最後の施術後には、「妊娠してもしなくても、これで最後にするつもりです。」と仰っていました。

「冨田先生のお陰です!」と喜んで頂いて、私も嬉しい限りです。この週には2名の妊娠が判明しました。

今回の患者さまは、若いときから生理痛が強かったり、ピルの服用による生理不順があったりといった、婦人科系のトラブルをお持ちでした。

また、1人目の妊娠と、2人目以降の妊娠では、からだの条件が全く違います。1回の出産が、女性のからだにとっては、プラスとなることも、逆にマイナスになることもあるからです。

そのプラスとマイナスの要素を正しく理解すれば、2人目不妊の治療は難しいものではありません。この患者さまは、1人目の出産によるマイナス面が少なかったのですが、元々持っている体質の改善もされていなかったため、なかなか妊娠ができませんでした。

ただ、質の良い胚盤胞が採卵できていたということは、体力的な弱りは、そう強くなかったのだと思います。

そのため、少し内膜の状態や、ストレスの状態を改善するだけで妊娠に至ったのです。体力面でのマイナスがない場合には、2人目不妊はそう難しい問題ではありません。

そういう意味では、今回の症例の患者さまは、ある意味「ラッキー」だったのかもれしれません。こうした状態の把握が、短期決戦での成功の秘訣になります。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。