PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

精子は運動率・奇形率・濃度よりも総量が大事

2018年5月22日8:41 AM カテゴリー:不妊症
男性不妊の検査を受けると、精液の量、精子の数、運動率、濃度などが調べられます。その検査結果をWHOの基準や、不妊専門病院独自の基準で診断し、男性不妊としています。 精液の質が悪かったり、精子の数や運動率が低かったりすると、洗浄という過程を経てから、更に濃縮して人工授精を行うことも多々あります。 こうして精液に手を加えるということが、妊娠にプラスに働くのかどうかは、難しい問題です。洗浄は
▼続きを読む

高プロラクチン血症の鍼灸治療

2018年5月18日10:26 AM カテゴリー:不妊症
今回は、不妊鍼灸の臨床でもよく見掛ける、高プロラクチン血症のお話です。 高プロラクチン血症は、排卵障害や生理不順、不妊の原因になる疾患です。高プロラクチン血症には大きく3種類あります。   1.腫瘍性高プロラクチン血症 2.薬剤性高プロラクチン血症 3.機能性高プロラクチン血症   病院での検査で問題が見付からなかった場合、3の機能性高
▼続きを読む

胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例

2018年5月15日11:08 AM カテゴリー:不妊症,症例
「胚の質は良いのになぜ妊娠しないの!?」 大阪市内在住  30代前半女性  販売業   来院患者さまは、30代前半の女性でした。ご主人の精子に異常があり、自然妊娠は難しいと専門病院で診断されたため、少しでも早くお子さんが欲しかったこの女性は、体外受精を選択されました。   ・高刺激で排卵誘発を行い、13個の受精を確認したため、そのまま培養。
▼続きを読む

多嚢胞性卵巣症候群による不妊【30代前半 女性の不妊鍼灸の症例】

2018年4月28日2:47 PM カテゴリー:不妊症
ずっと冷え症で生理不順でしたが妊娠できました   多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)女性の症例 30代前半女性 大阪市在住   この患者さまは、婦人科で多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断され、生理不順や冷え性、生理痛に苦しんでおられました。 来院時は、生理周期が29~45日という生理不順であったため、タイミングを取るのも難しく、高温期もはっきりしませんで
▼続きを読む

ストレスで卵の質が低下してしまう理由【鍼灸でストレスケアしませんか?】

2018年4月26日9:38 AM カテゴリー:不妊症
不妊治療は、非常にストレスが掛かる治療です。 そのストレスが妊娠には好ましくないと分かっていても、感情が付いていかないため、対処法が難しいものです。 鍼灸治療は、鍼灸刺激自体が脳に影響を与え、脳ストレスを和らげるだけでなく、担当の鍼灸師と不妊治療についての会話をすることで、カウンセリング効果も期待できます。 ストレスを緩和する鍼灸治療のご紹介です。   【妊娠に
▼続きを読む

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。