PAGE TOP

胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例

2018年5月15日11:08 AM カテゴリー:不妊症,症例

「胚の質は良いのになぜ妊娠しないの!?」


大阪市内在住  30代前半女性  販売業

 

来院患者さまは、30代前半の女性でした。ご主人の精子に異常があり、自然妊娠は難しいと専門病院で診断されたため、少しでも早くお子さんが欲しかったこの女性は、体外受精を選択されました。

 

・高刺激で排卵誘発を行い、13個の受精を確認したため、そのまま培養。
・胚盤胞が8個できたため、生理周期を整えて胚盤胞移植を行った。
・当院に来院するまでに3個移植したが、妊娠反応すらでなかった。
・体調は冷え症や肩こりが常にある。
・胚移植の前に体調を整える目的で来院

来院時の患者さまは、質の良い胚盤胞を戻しているにも関わらず、妊娠反応すら出ないことで、非常に神経質になっていらっしゃいました。

少しずつ凍結卵が減っていくことに焦り、何か補助的に妊娠率を高める方法がないかと考え、当院を受診されました。

 

【初診】

 

成人女性としてはかなり小柄で細身な女性でした。身長は150cm前後、体重は40kgもないと仰っていました。妊娠後は退職予定でしたが、初診時はまだ店舗販売の職員をされていました。

女性の多い職場で、販売ノルマもあり、非常にストレスの掛かるお仕事だと仰っていました。

 

<自覚症状>

・冷え症
・肩こり
・生理痛
<今後の予定とご希望>

・1か月後に胚移植の予定
・それまでに少しでも体調を良くしたい。
・胚移植当日の鍼を受けたい。

 

<初診時の所見>

・ストレスが強いため、頭頂部の髪が薄くなっている。※1

・お腹が固く冷たい。※2

・痩せすぎで皮下脂肪が極端に少ない。※3

 

※1 ストレスが高いと、副腎という臓器から副腎皮質ホルモンが分泌されます。副腎皮質ホルモンの分泌が増えると、同時に副腎からは、アンドロゲンという男性ホルモン分泌が増えます。男性ホルモンの分泌が高まるため、抗ストレスの方は、男性型脱毛症の頭頂部が薄くなる現象が現れます。

※2 お腹が固く冷たいのは、交感神経の緊張により、内臓の血流が悪くなっていることが考えられます。リラックス時に働く、副交感神経の働きを強めると、お腹が柔らかくなり、内臓器の働きも良くなります。

※3 皮下脂肪からは、レプチンというホルモンが分泌されています。レプチンの分泌量が減ると、脳の視床下部がそれを感知し、キスぺプチンというホルモン分泌を減らします。キスぺプチンは、GnRHを分泌するきかっけになるホルモンですから、生理周期の乱れや不妊に繋がります。

【治療】

 

<施術方針>

1か月後に胚移植ということで、治療に掛けられる時間が少ないことから、幾つかにターゲットを絞って鍼灸治療を施しました。

1.免疫のバランスを整え、着床しいやすい子宮内膜を作る。

2.卵巣の血流を上げることで、女性ホルモンの分泌を促す。

3.ストレスによるアンドロゲン分泌が減るように、ストレス緩和の施術をする。

 

<実際の鍼灸治療>

 

[初診]

ストレス緩和のために、背中と首の後ろ側に3か所鍼を刺しました。

<イメージ写真>
また子宮や卵巣の血流を増すために、お尻の上あたりにも鍼を刺しました。

両方ともあまり響かず、痛みを感じないように注意して刺しました。

妊活の為の鍼灸治療は、痛みが少ないことが大きな条件です。

苦痛を感じながらの施術では、効果が出にくいことがあります。

次にお腹と足首に、全体のバランスを取るための鍼を3か所刺しました。
<イメージ写真です>
施術後は、からだが温かくなり、全体に緊張感が緩んだ気がすると仰っていました。施術後は、あくびをしながらお話を聞いていらっしゃいました。

[2診目]

初診後は、自宅に帰ってすぐに昼寝をしたそうです。眠気が強かったため、自分の疲れが予想以上に溜まっていたことを、改めて実感されたと仰っていました

配穴は前回と同様としました。施術後は、やはり眠気とからだが温まるのを感じたそうです。

[3診目]

移植に向けて投薬が始まりました。前回よりも体調がよく、あまりストレスを感じないということでした。次週の末に移植予定です。

[4診目]

4診目が、胚盤胞移植当日の鍼灸治療になりました。午前中に移植のため、移植後の昼過ぎから来院して頂きました。鍼灸院の中には、移植の3時間前などの細かい指定を行う施設もありますが、当院ではそれまでにある程度の準備をしているため、細かい時間をこだわりません。

最低限、胚移植の当日か、その1日前に来て頂けば、効果はあることが分かっています。移植後数日してからの施術は、あまり妊娠率の向上には働かないようで、海外の文献でも同様の結果が出ています。

[5診目]

4診目から2週間後に来院して頂きました。鍼灸治療開始後、初めての胚移植でしたが、無事陽性反応が出ました。患者さまは、あまりにもあっけなく妊娠反応が出たことと、妊娠後も全く体調の変化がないため、妊娠の実感が全くないということでした。

妊娠前から施術をしている場合、あまり体調の変化が起きず、つわりなどもないため、実感がないことが多いようです。今回は施術開始1ヶ月でしたが、鍼灸治療の反応の良い方だったため、早く施術効果が出ました。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。