PAGE TOP

ストレスと不妊の関係

2018年6月26日9:54 AM カテゴリー:不妊症

ストレスが、妊活には大敵だと、何となくは理解していると思いますが、もう少しストレスのことを理解すると、色々と対策が見えてくるのかもしれません。

 

ストレスと視床下部性不妊

 

殆どの人の日常は、ストレスに溢れています。仕事、生活、家族関係、不妊治療などの全てが、ストレスの原因になります。

お仕事をしている人は、「ストレスなんて誰でもあるでしょ?」と皆さん仰ります。勿論ストレスはどの人にもあるとは思いますが、ストレスの影響が出るところは、その人によって違います。

お肌の荒れとして出る人や、胃腸の弱りとして出てしまう人、精神的な不安定として出る人、そして生殖能力の低下として出る人がいます。

生殖能力の低下に大きく関わるのは、脳にある視床下部という部分の働きです。


視床下部は、脳の真ん中にあり、ホルモン分泌や生命維持のための機能をコントロールする場所です。視床下部は、私たちの生命をコントロールしているところなのです。

この視床下部では、ストレスに対する適応反応もコントロールしています。視床下部は、心身のストレスを感じ取ると、からだの各部位に働きかけて、ストレスを感じている状況に対して防御態勢を取ろうとします。

その一つが、副腎と呼ばれる内分泌器官へのホルモン分泌の命令です。副腎は様々なホルモンを分泌する内分泌腺ですが、ストレス刺激に対しては、視床下部からの命令で副腎皮質ホルモンである、コルチゾールを分泌します。

コルチゾールは、抗炎症作用を持ち、免疫抑制や血管収縮の作用も持ちます。またコルチゾールは、視床下部に対してGnRHというホルモンの分泌抑制をする働きがあります。


GnRHは、生理周期の最初に分泌されるホルモンですから、GnRHが抑制されると、その後に続く生理周期に乱れが生じます。

するとストレスがきっかけになって、生理周期の乱れが生じることになり、不妊傾向が出てしまいます。これを視床下部性不妊と言います。

 

不妊治療のストレスと前向き感

 

不妊治療が上手くいかないと、徐々に前向き感が薄れてきます。つまり、「また失敗するのではないか、もう妊娠しないのではないか。」という感情が強くなってきます。

これは視床下部の近くにある、扁桃体という部分から、前頭前野という部分への働きかけが薄まるためです。


この扁桃体からは、ドーパミンという脳内物質が分泌されており、このドーパミンが前頭前野に働きかけることで、前向き感が出てくるのです。この働きを脳の報酬系と言います。

不妊治療を続けいていると、この報酬系が徐々に働かなくなり、ドーパミンの分泌が少なくなってしまいます。またドーパミンを受取る受容器の働きも鈍くなります。

すると、どうしても不妊治療に希望が持てないため、後ろ向きな治療を続けることになり、ストレスはより強くなります。

ストレスを強く感じるようになると、先ほどの視床下部性不妊の傾向が強くなり、不妊治療は負のスパイラルに陥ります。

病院での治療では、この負のスパイラルを、単に性ホルモン分泌の低下と捉え、ホルモン剤を使用しますが、脳内のドーパミン量は変わりませんから、前向き感が出ずに後ろ向きな不妊治療を続けることになります。

ところが、あなたも陥っているかもしれない、こうした状況を変えることができる方法があります。

 

前向き感を出して不妊治療を乗り切る鍼灸治療

 

鍼灸治療の効果は、単に血液循環量を増やすだけではありません。

鍼灸治療は、扁桃体の活動性を高めることで、ドーパミンの分泌を増し、報酬系の復活に働きかけることが分かっています。

鍼灸系大学の先駆けである、明治国際医療大学の臨床実験でも、セロトニンやドーパミンと言う脳内物質の変化を、鍼灸治療後に確認しています。

またストレスレベルが高いほど、妊娠率が下がることは、海外の臨床試験でも確認されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2904299/

「鍼治療を受けた女性は妊娠64.7%を達成し、鍼治療を受けていない女性は妊娠42.5%を達成した。ドナー受給者のステータスによって層別化された場合、非援助受給者のみが潜在的に鍼治療(鍼治療なしで35.5%対鍼治療で55.6%)で改善した。この鍼治療を受けた患者は、以前のETとET後のストレススコアは、そうでなかった患者と比較して低かった。ベースラインと比較して感知されたストレススコアが低い人は、鍼の状態にかかわらず、この減少を示さなかった人よりも妊娠率が高かった。」

とあります。

鍼灸治療で脳に対して積極的に働きかけると、脳の報酬系が活発に働き、不妊治療への前向き感が出るとともに、妊娠率の向上も期待できるのです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。