PAGE TOP


【新型コロナウイルス感染防止策を実施中】
当院は感染症における対策を徹底しております。安心してご来院ください。
感染防止対策は以下になります。

・使い捨てのベットシーツ、枕カバーを使用
・胸当て、身体にかけるバスタオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・鍼灸師は毎朝、検温を実施の上、体調管理の徹底
・鍼灸師は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・手洗い後、ペーパータオルにて拭き取り
・鍼灸治療の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・個室ドアの引手を患者さま退出後に消毒用エタノールにて拭き取り
・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は事前相談が必要

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対する海外での臨床研究結果【鍼灸の効果】

2018年3月9日11:46 AM カテゴリー:不妊症
今回ご紹介するのは、多嚢胞性卵巣症候群に対する西洋薬、漢方薬、鍼灸治療の併用療法についての論文です。 海外では、西洋医学の薬と、漢方薬や鍼灸治療を併用して臨床効果を出す試みや、臨床研究が進んでいます。 特に中国では、国家的な施策として中国医学を海外に輸出するために、こうした試みを論文化して発表しています。 今回ご紹介するのも、そうした論文の一つです。   【前提
▼続きを読む

私たちはPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の鍼灸を得意にしていまます

2018年2月9日8:43 AM カテゴリー:不妊症
    当院は、不妊原因の中でも、特にPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の方に多く来院して頂いています。 PCOSは、様々な原因で起こる排卵障害です。私たちは、PCOSの鍼灸治療に特に力を入れて施術をしています。 生理不順や排卵障害の中でも、母親になりたいと願う女性を最も多く悩ませるPCOSを、どうしても治したいと思っているからです。 【PCOSの
▼続きを読む

お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】

2018年2月6日10:07 AM カテゴリー:不妊症,症例
    今回の症例は、病院ではPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と診断を受けて、投薬治療を受けていた患者さまです。 PCOSは様々な病態を持つ排卵障害ですが、今回は排卵誘発剤を使用したため、双子の妊娠となりました。 多胎妊娠は、安定期が無いと言われますが、できるだけ安産に近付けるため、当院としても全力でサポートさせて頂きます。   【PCO
▼続きを読む

あなたの子宮は快適でしょうか?【慢性子宮内膜炎の鍼灸治療】

2018年1月27日3:01 PM カテゴリー:不妊症
  先日も少し触れましたが、これからは新たな不妊鍼灸の可能性を考えていくために、あまり不妊鍼灸では語られない話題についてお話したいと思います。 最近、不妊治療の分野では、着床障害の原因となる慢性子宮内膜炎というものが話題になることがあります。慢性子宮内膜炎は、一種の感染症のことです。通常、子宮内膜の周辺は、乳酸菌の一種が住み着くことで、雑菌が住みにくい環境になっています。
▼続きを読む

最後の1個に望みをかけて 【2人目不妊、初期胚移植、内膜症】

2017年12月13日11:18 PM カテゴリー:不妊症,症例
「1人目は直ぐに妊娠できたのに、2人目はなぜ妊娠しないの?」 「1人目の育児や仕事で疲れて、不妊治療がとても辛い…。」   今回の患者さまは、1人目は自然妊娠したにも関わらず、2人目不妊に…。 治療法の変更、転院、様々な治療をしても授からず、悩んだ末に来院された患者さまでした。 2人目不妊に悩む方は是非ご覧下さい。 【来院までの経緯】 &n
▼続きを読む
11 / 13« 先頭...910111213

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。