PAGE TOP

鍼灸治療で不妊症(着床障害)と不育症を乗り越える方法

2018年6月19日9:49 AM カテゴリー:不妊症

不妊症と不育症は近いもの

 

妊娠初期の流産と着床障害は、全く違うもののようですが、実際には近いものだと言われています。

妊娠初期の流産を繰り返す、不育症や習慣性流産も、いわゆる不妊と言われる着床障害も、近いものだと言えます。

不育症の中には、血液が固まりやすいことで起こる血液凝固異常によるものや、免疫が過剰に働くことで胎児を攻撃してしまう、免疫異常などがあります。

一方、着床障害の中にも、同じような原因で着床に至らないものがあります。

また、着床が成立するためには、子宮内膜が受精卵を受け入れるための変化が必要ですが、この着床する時期は、「着床の窓」が開いている時期と言われています。

いつ着床の窓が開くのかは、生殖医療では大きな話題ですが、未だに解明されていません。ERAテストというものもありますが、現段階では臨床応用できるものではありません。

この着床の窓が開いている時以外に着床すると、一旦妊娠はしても、妊娠を継続することなく流産してしまいます。


 

着床しても育たない不育症

 

健康な子宮内膜では、ある種の選択能があると言われています。つまり、質の良い受精卵を識別する能力が、子宮内膜にはあるというのです。

不育症の方の中には、この子宮内膜の選択能が、著しく欠けている方がいるのではないかと言われています。

つまり、本来は着床するはずのない、質の悪い胚でも着床させてしまい、結果として流産しやすくなるということです。

元々成長が上手くいかない胚が着床するため、繰り返し流産してしまうということですから、こうした方を治療するには、2つしか方法はありません。

1.胚の質を良くする。

2.子宮内膜を正常化する。

この2つの条件の内、1つもしくは両方を解決できれば、このタイプの不育症の方でも、元気な赤ちゃんを産むことができるということです。

 

着床障害と不育症を同時に鍼灸で治療

 

鍼灸治療の効果として、胚の質が良くなるということと、免疫バランスを整えるという作用があります。こうした働きがあることから、不育症や不妊症を改善する効果が報告されています。

鍼灸治療は、自律神経を調節する作用があり、交感神経と副交感神経のバランスを取ることができます。

交感神経が過剰に働くと、血液が凝固しやすくなる傾向があります。逆に副交感神経が働くと、血液はサラサラで固まりにくい傾向があります。

そのため鍼灸治療を受けることで、あなたの血液は固まりにくい状態になり、流産しにくい状態になります。

また自律神経は、免疫系にも指令を出して、リンパ球を活性化することで、免疫バランスにも関与しています。

自律神経のバランスが取れれば、免疫バランスも整い、胚や胎児に対する過剰な免疫が抑制されるようになります。


ただ勘違いしやすいのは、交感神経が悪者で、副交感神経が善者だということではありません。両方がバランスよく働くのが、からだにとっては良いことなのです。

そのため、薬で一方的に自律神経をブロックしても、決して良い状態は作ることができません。バランスを重要視する鍼灸だからこそ、自律神経を整えることができるのです。

週1回程度鍼灸治療を受けて頂くと、自律神経の働きが適正化していることを体感することができます。

いわゆる自律神経失調症状がある方では、冷え症の改善やのぼせの改善などが、数週間で体感的に分かるようになります。

また免疫系の異常で起こるアレルギーなども軽減するため、不妊鍼灸で来院して頂いているのに、アレルギーや冷え症、肩こりなどの、それ以外の症状も同時に改善されることが多いようです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
初めての顕微授精で妊娠することができた症例
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
2018/11/20
妊活3年後、8回の鍼灸で妊娠 <兵庫県在住 30代女性>
2018/11/20
【緊張型頭痛】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/5
【抑うつ症】大阪府在住、30代男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。