PAGE TOP

多嚢胞性卵巣症候群に対する鍼灸と排卵誘発剤の併用

2018年7月12日5:38 PM カテゴリー:不妊症

多嚢胞性卵巣症候群は排卵誘発剤が効かないことも

 

多嚢胞性卵巣症候群は、何らかの原因で卵胞の成長や排卵が上手くいかないため、卵巣内に複数の未成熟な卵胞が残ってしまう排卵障害です。

排卵がスムーズに行われないため、タイミングが取れないばかりか、全く排卵しなければ、妊娠をすることはできなくなります。

そこで排卵誘発剤を使用して排卵を計画しますが、全く排卵されないことも少なくありません。日本でよく使用されるクロミッドというお薬は、脳の視床下部に働いて、排卵に必要なホルモン分泌をさせるお薬です。


脳の視床下部には、エストロゲンの受容体があり、エストロゲンが一定作られると、それ以上作られないように、脳から排卵の指令が出なくなります。

クロミッドは、この視床下部にあるエストロゲン受容体に取り付くことで、脳にエストロゲンが作られていないと錯覚させるのです。

エストロゲンは、卵胞が成長することで分泌量が増えるホルモンです。このエストロゲンが出ていないと錯覚することで、更に卵胞の成長を促すということです。


エストロゲンは、脳の視床下部から分泌されるGnRHの命令で、下垂体からLHとFSHが分泌されることで卵胞内で作られます。

LHとFSHは、それぞれ別々の細胞に働いて、連動してエストロゲンを作り分泌します。多嚢胞性卵巣症候群では、LHの分泌量が多いため、莢膜細胞でアンドロゲンを大量に作ると言われています。

アンドロゲンが増え過ぎると、卵胞の成長は上手くいきません。なぜなら、アンドロゲンは男性ホルモンだからです。

多嚢胞性卵巣症候群は、まずこのLHが高いということを解決する必要があります。

クロミッドは、結果的にGnRHは増やしますが、LHが高いということに関しては対処しないため、重度の多嚢胞性卵巣症候群では、あまり改善効果がないということになります。

つまりLHを下げることに対して、何か効果的な治療法が必要であるということです。

クロミッドは、薬が体内に残る時間が長く、いつまでもエストロゲンが少ないと錯覚することで、子宮内膜が薄くなるといった副作用が出やすくなります。

比較的軽症で、直ぐに排卵して妊娠する場合は良いのですが、あまり効果が見られなかった例では、連用することで、返って副作用だけが目立つことになるかもしれません。

 

鍼灸治療はLHを下げてFSHを上げる効果がある

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21816787
(True and sham acupuncture produced similar frequency of ovulation and improved LH to FSH ratios in women with polycystic ovary syndrome.)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26255520
(Acupuncture at Zhibian (BL 54) through Shuidao (ST 28) for polycystic ovary syndrome)

この二つの論文は、鍼灸治療によりLHが下がったというものです。ちなみに下の論文では、関元兪と関元というツボを使用しています。

鍼灸治療は、LHとFSHの分泌量を調節して、卵胞が育ちやすい環境を作ることで、エストロゲンの分泌量を増やします。

鍼灸治療には、クロミッドのような副作用がないため、長期間続けることも可能ですし、施術期間が長くなればなるほど、様々な治療効果が表れて、妊娠しやすくなる可能性が高くなります。

またクロミッドを使用する際にも、鍼灸治療を併用することで、鍼灸によりLHを下げ、クロミッドにより卵胞の成長を促すといったこともできます。

こうした鍼灸治療と排卵誘発剤の併用は、海外では臨床研究として数多く行われています。私自身もPCOSの患者さまに対して、投薬と併用することがありますが、やはり効果が出やすい傾向があります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29701043
(Therapeutic effects on ovulation and reproduction promotion with acupuncture and clomiphene in polycystic ovary syndrome)

こちらの研究では、クロミッドと鍼灸を併用した群と、クロミッドのみの群を比較しています。

・LH(卵胞刺激ホルモン)
・テストステロン(アンドロゲン)
・血清中のエストラジオール(エストロゲン、卵胞ホルモン)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)
・子宮内膜の厚さおよび形態
・排卵率および臨床妊娠率

これらを両群で調べたところ、鍼灸治療とクロミッド併用群では、排卵率、子宮内膜の厚さ、エストロゲン、プロゲステロンが高くなり、LHとテストステロン(アンドロゲン)は低くなったとあります。

つまり、投薬のみでは難しいLHの低下を起こし、結果的にアンドロゲンを下げることにも成功しているのです。投薬のみでは効果が出ないPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)や排卵障害の方は、鍼灸治療を併用すると、ステップアップをする必要がなくなるかもしれません。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。