PAGE TOP

排卵後1回だけの鍼灸で妊娠率を上げる

2017年11月1日10:47 PM カテゴリー:不妊鍼灸

 

さて今日は、「少しでも費用を節約したい。」という方のための不妊鍼灸についてです。不妊治療は何かとお金がかかるため、病院と鍼灸の併用は経済的に難しい、でも少しでも妊娠率を上げたいという方には、排卵後に1回のみの鍼灸治療をお勧めします。


排卵後1回のみの鍼灸の意味

排卵期だけ鍼灸治療をしても、あまり効果が挙がらないと思っていませんか?

確かに、卵の質を上げるためには、約3か月間の治療が必要です。何故なら、あなたの卵は、排卵の3か月前から排卵までの間成長を続けているからです。

また生理周期を整えるためにも、週1回の治療が一定期間必要です。これは、女性ホルモンの分泌に、複雑な内分泌の応答システムの調整が必要だからです。
ただ、そうした卵の質や女性ホルモンの分泌に問題がないのでしたら、排卵後1回だけの鍼灸でも効果を期待できます。

排卵後の鍼灸治療はなぜ効くのか?

排卵期の鍼灸治療は、排卵の4~5日後に受けて頂きます。これは、子宮内膜へ着床する少し前になります。

卵胞から排卵された後、あなたの卵は卵管の端にある卵管采にキャッチされます。キャッチされた卵は、卵管の中を移動して少し広くなった卵管膨大部で、ご主人の精子と受精をします。

<トートラ解剖学より>

この受精卵が卵管の中を移動し、子宮に戻るのが、排卵から約5日後になります。そして、子宮内膜に無事受け入れられると、妊娠が成立します。

排卵の4~5日後に鍼灸治療を受けて頂くと、この子宮内膜で受け入れる能力が高くなる可能性があります。

鍼灸治療を、体外受精の胚移植当日に行うことで、受精卵(胚盤胞)が子宮内膜に着床しやすくなる効果が認められています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18440533
IVF妊娠率は移植当日に行うと明らかに増加する

上の論文は、体外受精を胚移殖日に行う鍼灸治療の効果についての論文です。胚盤胞移植は、受精日から5~6日目の受精卵を指しますので、ちょうど同じ時期に鍼灸治療を受けたことになります。

また、排卵後は、黄体期に当たります。黄体期に行う鍼灸治療の効果を表した論文もあります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16616748
黄体期の鍼治療は、IVF / ICSIの結果に良い影響を与える。

こちらの論文では、二つのグループに分けて黄体期に鍼灸治療した結果を分析しています。

116人が黄体期に鍼灸治療を受け、もう一方の109人がプラセボ鍼を受けています。

その結果、鍼灸治療群では33.6%の妊娠率となり、もう一方のプラセボ群では15.6%でした。

実に、2倍以上の妊娠率だったということです。

月1回で妊娠率が上がる可能性がある方の条件

この月1回の鍼灸治療で、妊娠率を上げて妊娠できる可能性があるご夫婦は、次の二つの条件が満たされている必要があります。

・ご夫婦ともに特に不妊原因がない(機能性・原因不明の不妊)
・タイミングの回数が十分にとれる(排卵前後に複数回)

この二つの条件が満たされるのなら、月に1回の鍼灸治療でも効果が期待できます。

特定の不妊原因がある場合には、その内容に応じて治療回数が決まります。

またタイミングの回数が極端に少ない場合には、不妊の原因がタイミングの少なさという可能性があります。

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。