PAGE TOP

不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ

2018年3月27日4:04 PM カテゴリー:不妊鍼灸,体外受精・顕微授精,症例

 

先日、久しぶりにご予約を頂いた患者さまは、胚移植前の鍼灸治療で来院して頂いた方でした。


前回の胚移植から約1カ月が経っていましたので、前回の結果をお聞きしたのですが、着床後2週間で化学流産になったということでした。

着床後2週間ということは、恐らく染色体異常などの異常胚移植の影響だと思われます。さぞかし落ち込んでいるだろうと予想していたのですが、この患者さまの反応は違いました。

「やっと一歩前に出た感じです!」

第一声は、非常に前向きなお言葉でした。

この患者さまは、当院に来院される前までに、既に3年間の不妊治療を受けていらっしゃいました。

来院前にも1度胚盤胞移殖をされていましたが、陽性反応は今までに出たことがなかったそうで、手ごたえの無い不妊治療と比べると、今回の陽性反応は非常に自信になったそうです。

前回は移植前に1回と、移植後に1回のみの治療でしたが、今回は移植までに2回治療をしてから胚移植に臨みたいということでした。

流産という結果にも、前向きに考えることができるのは、当院でのカウンセリングや治療を受けて頂いて、しっかりとした手ごたえを感じたからではないでしょうか。


病院の計画通りに不妊治療を進めていても、言われたことを淡々とするだけで手ごたえが無かった不妊治療が、当院で2診目に行う栄養指導や、からだの状態の詳しい説明を聞くことで、少しずつ自分が妊活をしているという実感が出てきたようです。

その結果、残念ながら流産にはなりましたが、初めての着床反応を得ることができたのです。

こうした手ごたえを感じながら妊活をしている方は、妊娠まであと一歩と言うところまで近付いています。

それはタイミング法でも人工受精でも、体外受精でも同じなのです。自分がしていることの意味を知って、変化を感じることは、最も王道の妊活をしているということです。

前向きに妊活に取り組めると、目の前の小さな結果だけではなく、もっと大きな妊娠、出産という目標までの、道筋が見えてきます。


不妊鍼灸の効果は、ただ妊娠がしやすくなるというだけではなく、前向きに妊活に取り組めるということ、そして自分が妊娠に近付いているという手ごたえを、肌で感じることができるところにあります。

あなたは前向きに妊活に取り組めていますか?

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2019/3/1
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2019/2/28
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2019/2/12
【低体温症】大阪府、50代 女性、鍼灸治療のケース
2019/2/2
【生理痛】奈良県在住、30代 女性、鍼灸治療のケース
2019/1/11
【不眠症】大阪市在住、30代男性、鍼灸治療のケース
2019/1/6
【片頭痛】兵庫県、30代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/24
【片頭痛】大阪府、10代、女性、鍼灸治療のケース
2018/12/10
【うつ病】大阪府、30代、男性、鍼灸治療のケース
2018/11/30
【逆流性食道炎】大阪府、20代 女性、鍼灸治療のケース
2018/11/27
今月3人目の妊娠報告を頂きました。
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。