PAGE TOP

妊娠しにくい人を妊娠に近付けるのが不妊鍼灸のプロ

2018年10月22日4:58 PM カテゴリー:お話,不妊症,不妊鍼灸

【治療をして直ぐに妊娠する人は不妊ではない】

 

当院のデータを見ても、不妊専門病院のデータを見ても、治療歴の短い人ほど妊娠しやすいのは明確です。

治療歴が短い人の中には、元々不妊ではない方も含まれているため、妊娠率が高くなるのは当然です。そのため、私たちのように不妊治療を専門にしていない鍼灸師や、柔道整復師の中にも、

「うちの治療を受けている内に妊娠した!」

と、変な自信を付けてしまう鍼灸師がたくさんいます。

ところが、本当に不妊傾向を持った方や、複数回高度医療を受けて失敗している人を、狙って妊娠して頂くことは、実際のところ、至難の業です。

高度医療専門病院では、そうした人を治療対象にすることが多いため、どうしても妊娠率が低くなるのは仕方がないのです。

逆に、患者を選んで治療対象とすれば、妊娠しやすいのは当たり前で、見た目の妊娠率は高くなります。

ネットでは、日本の高度医療がレベルが低いと言われることがありますが、そんなことはありません。日本の生殖医療のレベルは、決して低くありません。

日本の高度生殖医療の妊娠率が低いのには、幾つかの原因があります。

・日本では不妊治療を開始する年齢が高い。
・海外では、早い段階で体外受精に移行する。
・投薬に対する抵抗感が少ない。
・PGSなどの受精卵に対する診断を積極的に行っている。

こうしたことを理解せずに、日本の生殖医療を低く見てはいけません。しっかり勉強している日本の医師は、決してレベルが低いわけではありません。

一方、日本の鍼灸師はというと、どうも宣伝に走り過ぎていて、勉強が足りていない鍼灸師も多くいるようです。

日本の鍼灸師は、三年間で免許が取得でき、国家試験も難易度は高くありません。そのため、手に職を付けるために入学する人が多く、本当に人を治したいという人が少ない傾向が強くなってきました。

 

【経験で知った妊娠しやすい人とは】

 

複数回、高度医療を受けても妊娠に至らない方や、複数回流産をしてしまった不育症の方などは、専門的な知識と技術を持つ病院や治療院に通うべきです。

妊娠治療は、時間制限があるものですから、無駄な治療や施術で、タイミングを逃すことがないようにしないといけません。

あなたが受けている治療家がプロならば、を相談してみて下さい。もしその治療家が本当の専門家なら、あなたの疑問に明確に応え、そしてあなたの妊活の進むべき道を示してくれるはずです。

医師を始めとして、鍼灸師などは、専門外の知識は非常に希薄です。不妊治療も同様で、あなたのように、本当に困って自分のことについて調べている人の方が、一般の医師や鍼灸師よりも、圧倒的に専門家に近い知識を持っています。

考えてみて下さい。あなたがもし大病になってしまった時に、専門外の名医に治療を頼むでしょうか?

不妊治療のことをしっかり理解して、どのように鍼灸治療を施せば、どのような結果が得られるかを知っている人が、しっかり狙って妊娠治療ができる鍼灸師です。

私が長い臨床で感じることは、体調不良を訴えている人の方が、妊娠しやすい傾向があるということです。

この答えを不思議に思う方も多いでしょう。これは、鍼灸治療が、妊娠するために、何をしているのか、ということに繋がります。

私たち鍼灸師が、あなたの妊娠の為にできることは、次のようなことです。

 

1.不快症状を取り除き、妊孕性を高める。

2.自律神経を調節して、内臓の血流を増加させる。

3.不安やストレス軽減して妊孕性を高める。

4.免疫機能を調節して、適切な免疫状態を作る。

 

4の免疫に関しては、西洋医学でも、ステロイド剤や免疫抑制剤を使用して治療を試みますが、投薬で免疫をコントロールすると、免疫を抑制する確実性はありますが、副作用も心配しなくてはいけません。

鍼灸治療の場合には、そういった副作用を気にする必要がないため、安全性が高いことは確かです。ただ、確実性となると、鍼灸師の技術差や、知識の差は歴然とありますので、一概に鍼灸治療が効果的だとは言えないこともあります。

今回最も重要なお話は、1の部分のお話です。からだに不快症状がある方や、不快症状の原因になることがある方は、それ自体が、妊娠しにくい原因になることがあります。

例えば生理痛のある方では、生理痛を取り除く施術をするだけで、妊娠される方がいらっしゃいます。鍼灸治療で生理痛を取り除くには、血液循環を良くして冷えを取り除きます。

すると、血流が良くなったことで、卵巣や子宮の働きが良くなり、妊娠しやすくなります。本人にも病院にも分からなかった原因が、不快症状を取ることで自然に治ってしまいます。

これを狙って行うのが、不妊鍼灸を専門で研究している鍼灸師です。

逆に、不快症状もなく、自覚症状がない人の場合、治療は非常に難しくなります。その人が気付いていない不調な場所を探し出して、施術することになるからです。

東洋医学の場合には、それを四診という東洋医学的診察で探り、表面化していない問題まで解消させることができます。

 

【妊娠しにくい人に妊娠してもらうのがプロ】

 

専門的な治療院を受診すると、あなたに起こっている問題が明確に示され、自分が行うべきことが見えてきます。

今までは、良いと言われていることを片っ端から実行していたのが、あなたの状態に合わせてやるべきことが分かり、やってはいけないことが分かりますで、非常に妊活が楽になります。

更に西洋医学的な情報もまとめると、病院での不妊治療も楽に受けることができます。不妊専門の鍼灸院に通うことで、こうした情報整理ができることは、実は一番のメリットなのです。

こうして情報を整理して、患者さまに協力を仰ぎ、少しでも鍼灸治療の成果が出やすくするのも、鍼灸師の役割です。

当院では、積極的に患者さまにもご協力を仰ぎます。

「甘いものは控えて下さい。」

「病院で〇〇の検査結果を貰ってきて下さい。」

「近所を30分程度散歩して下さい。」

「お魚多めの食事で、もしサプリメントを飲むなら食後にお願いします。」

「鍼灸を始めて最初の3カ月は採卵を控えて下さい。」

こうした話し合いやご協力頂くことは、その人のおからだの状態で変わります。こうしたご協力をして頂くからこそ、40代でも妊娠が可能になり、今まで会えなかった赤ちゃんにも会えるようになるのです。

私たちが行う妊活や鍼灸治療は、あなたの利益を最大限に考えています。あなたの利益とは、あなたが元気になることであり、あなたが元気な赤ちゃんに会えることであり、あなたのご家族が幸せになることです。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2018/8/7
昨日の鍼灸院日記
2018/7/4
ご夫婦で不妊鍼灸を受けることで胚盤胞移植が成功
2018/6/24
今週は3人の方から妊娠報告を受けました
2018/6/12
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸と投薬併用による妊娠治療
2018/5/15
胚盤胞移植を目指した女性に対する不妊鍼灸の症例
2018/3/27
不妊鍼灸で妊活に前向きになれる理由3つ
2018/3/27
血液検査は注意マークだらけ…でも妊娠できました
2018/3/19
胚盤胞移植が成功しないのはなぜ?初期胚でも妊娠できる理由
2018/2/23
起立性調節障害の鍼灸治療【中学1年生13歳男子の症例】
2018/2/6
お蔭さまで双子を授かることができました。【妊活鍼灸症例】
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。