PAGE TOP

先生紹介 先生紹介 来院予約 患者様の声 鍼灸院ブログ 美容鍼灸
花粉症に鍼灸が効果があるって知ってましたか。 症状別で見る
  • 筋肉系
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 緊張性頭痛
  • 神経系
  • 片頭痛
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 眼科疾患
  • リウマチ
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • 線維筋痛症
  • 不眠症
当院の治療方針 当院情報
  • トップページ
  • 料金表
  • はじめての方へ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 先生紹介
藤波辰爾との鍼灸対談 鍼灸師、柔整師、整体師向けセミナーを通じて話した治療への思い 鍼灸師、柔整師、整体師に伝えたいこと:当院長の講演セミナーを終えて

自律神経失調症は、鍼で治るのか?

2013年9月23日11:39 AM カテゴリー:自律神経失調症

自律神経失調症は鍼灸で治ります。

では、なぜ治るのかをお話ししていきます。

自律神経失調症は、ストレスや緊張感が続くことにより、交感神経が興奮したままの状態にあるといえます。

交感神経の興奮は筋肉の凝りや痛み、また、不眠を引き起こします。

交感神経の興奮が収まり、副交感神経とのバランスが取れれば、自律神経失調症は改善されてきます。

交感神経の興奮を下げるには方法が2通りあります。

1つは、交感神経の興奮自体を抑える方法です。

もう1つは、副交感神経の働きを活発にすることです。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、互いに抑制し合っていますので、どちらか一方が興奮しますと、別の一方は、あまり働かなくなります。

副交感神経を活発にしますと、勝手に交感神経の興奮が収まってくるわけです。

交感神経の興奮を抑える方法

交感神経の興奮を抑えるには、筋肉の凝りや痛みを取り除くことが有効です。

筋肉の凝りや痛みは、血流を悪くします。血流が悪くなれば、神経に栄養が行きにくくなり、興奮している神経はさらに興奮します。

凝りや痛みを取り除き、血流を良くしますと、神経に栄養が十分に行き、神経の興奮は収まってきます。

副交感神経の働きを活発にする方法

この作用は鍼治療の得意とするところです。リラクゼーションや整体などでも、凝りや痛みを取り除くことは可能ですが、副交感神経を活発にすることはできません。

これは、鍼による「体性自律神経反射」として、さまざまな方法で証明されています。

体性自律神経反射のシェーマ
手や脚にあるツボに鍼を刺しますと、脊髄を通じて脳の視床下部に刺激が伝わります。ここで「上脊髄反射」という反射が起こり、副交感神経を優位にさせます。

副交感神経が優位になることで、交感神経の興奮は収まってきます。

これにより内臓の働きが活発になり、血流がよくなることが分かっています。具体的には、脳血流、心臓の血流、腎臓や子宮の血流が増えるとされています。

また、血圧が下がることも分かっています。

もちろん、これらのことは、凝りや痛みを取り除いてもある程度は起こります。全身の血流が改善されるからです。

ただ、手や脚のツボへの鍼刺激ほどではありません。

鍼刺激は、交感神経の興奮を直接、押さえ、そして、副交感神経の働きを活発にできますので、自律神経失調症を改善することができるわけです。

そして、どちらか一方を中心にしたり、どちらも同じように治療することも可能です。

たとえば、凝りや痛みがひどいときには、まず、それを取り除くことを中心にする。そうでない場合には、副交感神経を優位にする治療を中心にする。あるいは、どちらも同時に治療するなど、患者さまの状態に応じ、一番良い治療法を選択できます。

これも鍼治療の特徴といえます。

 

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

診療時間のご案内 トップページへ戻る
2017/12/8
【片頭痛とめまい・肩こり・腰痛】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療例
2017/11/10
不眠に悩む現代日本人:症例
2017/11/9
【多嚢胞性卵巣症候群 人工授精と鍼灸の併用の症例 30代女性】
2017/8/23
機能性不妊 鍼灸のみで妊娠した30代女性の症例
2017/8/3
【めまいと頭痛、肩こり・腰痛】大阪府在住、60代女性、鍼灸治療の例
2017/1/2
【線維筋痛症】大阪府、40代、女性、鍼灸治療のケース
2016/12/22
【多嚢胞性卵巣症候群による不妊症】大阪市在住 20代後半女性のケース
2016/4/6
【不眠症】大阪市在住、40代、女性  鍼灸治療のケース
2015/11/4
【自律神経失調症】大阪府在住、40代女性、鍼灸治療のケース
2015/8/13
【再燃性うつ病】 大阪市、40代、男性、鍼灸治療のケース
>>もっと記事を読む
診療時間のご案内 当院アクセスマップ
トップページへ戻る

カテゴリ別記事

過去の記事

※免責事項:掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。